04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
釜ひろ
JR阪和線「鶴ヶ丘」駅から、
すぐの『釜ひろ』さんです。
オリジナルの創作メニューを持つ
うどん屋さんは数あれど、
こちらの大将の創作意欲はハンパなく、
毎年のように新しいうどんがリリースされます。
その中には、
定着してお店の定番になったものもあれば、
夜空の星になったものも‥。

きのこと明太子の有機豆乳仕立てのうどんメニュー
で、10月の訪問時に出会ったのが、
こちらのメニュー。
これは、名品or迷品のどちらでしょうかー?
明太子の存在が気になりますが、
とりあえず、実食~。

きのこと明太子の有機豆乳仕立てのうどん
しばし待って、来ましたー。
「きのこと明太子の有機豆乳仕立てのうどん」です。
熱々のうどんが出てくると、
ちょっと怯んでしまうのですが、
こちらでは、取り皿が標準装備なので、
猫舌でも安心です。

豆乳うどんアップ
豆乳仕立てのスープは、
とってもまろやか。
洋風のシチューのようにも見えますが、
カツオダシの旨味も効いていて、
しっかり和の味です。
豆乳鍋のダシを、少し濃い目に
チューニングした感じと云うと
分かりやすいでしょうか。
これなら、
うどんにもキノコにも合うね。

ただ、明太子は‥、
わたしとしては、ちょっと微妙でした。

味というより、
明太子の匂いが気になってしまいます。
好みにもよるのでしょうが、
無くてもいいかな‥と云う感じです。
見た目は紅白で、
縁起が良くていいんですけどね。

うどんアップ
しかし、こちらのうどんは、
相変わらず旨い。
麺の食感を味わうなら、
冷たいうどんのほうがいいのでしょうが、
温かいダシのうどんでも、
プリっとしたコシと、
喉越しの良さを楽しむことができます。


11月からは、
冬季限定の「鍋焼きうどん」
牡蠣を使ったうどんが登場するのが、
通例になっているので、
豆乳のうどんは、
もう終了しているかもしれません。
ただ、面白い味なので、
機会があれば、一度お試しください。
明太子好きには、いいかも。


『釜ひろうどん』
  住所:大阪市東住吉区山坂5-2-27
      ジョイフル鶴が丘1F
  営業時間:11:00~14:30 17:00~20:30(LO20:00)
  定休日:火曜、第3月曜日
  アクセス:JR阪和線「鶴ヶ丘」駅から徒歩1分
        or大阪地下鉄「西田辺」駅から徒歩7分

スポンサーサイト
大阪のうどん | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。