04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
きぬ川
6月13日夜の『きぬ川』です。
場所は、空堀商店街のアーケード内で、
大阪地下鉄「谷町6丁目」駅から、
徒歩5分ぐらい。

燗の美穂コラボ
この日は、
『燗の美穂』の女性店主が、
登場するスペシャルナイト。
これは、美味しいお酒が飲めそーです。

きぬ川 生ビール
当然、日本酒をお願いするところですが、
『きぬ川』のお客さんに加えて、
美穂さんのファンも大集合した店内は、
すごい熱気で‥、
たまらずに、生ビールをオーダーして、
グビリ。

冷奴
なんとか、人心地がついたところで、
「冷奴」と、日本酒をおまかせで。
酒盗がちょこんと乗った冷奴には、
醤油が添えられましたが、
豆の香りがしっかりして、
何も付けなくても、美味しく食べられます。

杜の蔵+10辛 杜の蔵+10辛x
お酒は「杜の蔵+10辛」を、
湯気が立つほどのかなり熱めのお燗で。
常温だと、さらっと飲めそうな辛口のお酒なのですが、
燗酒にすることで、旨みがくっきりして、
すごく飲み応えがあります。
さすが、プロの技。

昆布の旨み三種盛り
「昆布の旨み三種盛り」も。
正式名称は分かりませんが、
左から、椎茸の含め煮、しっとり柔らかい塩昆布、
刻み昆布の入ったナメ茸です。だぶん。
同じ商店街の土井商店から。

扶桑鶴 純米吟醸 にごり酒
”ひや”のお酒も願いしてみました。
まずは「扶桑鶴 純米吟醸 にごり酒」を、ひやで。
ほんのりした甘みと優しい酸味の
品のいいにごり酒です。
舌の上にトローりとなじむ感じで、
ほっとする美味しさ。

白隠正宗 誉富士純米
「白隠正宗 誉富士純米」の冷酒も。
よく冷やされた日本酒を頂くと、
口の中がひんやりして、気持ちがいい。
そして、舌の上にジュワーと旨みが広がります。
味が濃厚な塩昆布や椎茸にも、
このお酒はぴったりでした。

豆腐のもろみ漬け
もう少し‥と「豆腐のもろみ漬け」
もろみの旨みを吸い込んだ豆腐は、
まるで熟成させたチーズのよう、
ねっとりと舌にからみつく感じがたまりません。

きぬ川 國乃長 生もと純米無濾過生原酒
お酒は「カエル19号」もとい、
「國乃長 生もと純米無濾過生原酒」を燗酒で。
愛嬌のあるラベルのせいもあってか、
このカエル、あちらこちらの席から
引っ張りだこの大人気でした。
生原酒って、ひやで飲むイメージだったのですが、
お燗も美味しいですね。
旨みがくっきりして、
風味にも厚みがでるような‥気がします。
この辺になると、
半分ぐらい酔っ払っているので、
あんまり自信はありませんが。

とにかく、
美味しいお酒をいろいろ頂けて、
とても幸せな時間でした。
日本酒は、プロにおまかせが正解ですね。
待ってるだけでいいので、楽だし。

とろろぶっかけ(小)
営業時間も終わりに近づいたので、
そろそろうどんタイム。
〆は「冷やしかけうどん」のつもりだったのですが、
同じことを考えた人が多かったようで‥(笑)、
ええ、売り切れでした。
では、「とろろぶっかけ」を小盛で。

とろろぶっかけアップ
飲んだ後に、つるっと入る
とろろのうどんは、最高です。
少し濃い目のダシと
ふんわり、もちっとしたうどんの
相性も良くて、
つるうるつるーっと一気にすすって、
ご馳走さまー。

美味しいお酒と、
美味しいうどんを堪能しました。


最後に、悲しいお知らせをひとつ。
このイベント、
おそらく2回目は”無い”そうです。
1日だけの奇跡のコラボでした。

スポンサーサイト
うどんイベント | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示