07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
きぬ川
大阪地下鉄「谷町6丁目」駅から、徒歩3分ほど。
空堀商店街の『饂飩 きぬ川』さんです。
訪問したのは、<ボヤきnight>のすぐ後なので、
1ヶ月くらい前でしょうか。

居酒屋メニュー
夜は居酒屋メニューも揃います。
でも、この日の目的は、
<ボヤきnight>で美味しかった
おでんの蓬麩を食べること。

蓬麩と新わかめのおでん
蓬麩3人前に、
新ワカメを添えてもらいました。
この季節は、
おでんの大スター・大根が不在なのですが、
磯の風味が満載で
シャキシャキ歯ごたえの良いワカメがあれば、
寂しくなんか‥ないやい。
見た目がヘルシーすぎると云うか、
ちょっと貫禄不足ですけど。

お酒リスト
<日本の銘酒祭り>が続行中で、
日本各地の地酒が、1/2合単位で色々飲めます。
じゃあ、まだ飲んでないのを‥。

日本酒1
「王録 渓」は、しっとりした酸味があって、
白ワインの替りに、
軽めの洋食と合わせてもいけそう。
先日のテリーヌ最中とか‥。
「伯楽星」は、かろやかな旨味があって、
いろんな料理に合いそうです。
これ、なんぼでも飲めるね。

おでんアップ
美味しいお酒で、
また、おでんが美味しくなります。
ダシを吸い込んで、
ムッチムチになった蓬麩に
黄色い辛子をちょっとだけ付けると、
これが、また、
お酒に合うのなんのって。

ホタルイカ沖漬け
少し濃いものも欲しくなって、
ホタルイカ追加。
口に入れるとプチっとはじけて、
大量の旨味が溢れ出します。
醤油ダレの染みた大根おろしも旨いねー。

日本酒2 日本酒2x
調子に乗って、日本酒も追加。
「奥播磨」は力強い味です。
それだけでも美味しく飲めるので、
逆に、アテはいらないかもしれない。
とか云いながら、グビグビ。

とり天冷やし
お酒の後は、うどんタイム。
この季節になると、
やっぱり食べたい「冷やしかけうどん」に、
相棒の天ぷらは「とり天」をチョイス。

とり天盛り
脂の少ない部位を
ふわっと柔らかく揚げたとり天は、
抹茶塩であっさりと。
熱々のところをハフハフと頂けば、
中から、肉汁と旨味がジュワワ。
彩りのスナックエンドウは、
ザクっとした歯ごたえと、甘みが素敵。

冷やしかけうどんアップ
そして、この「冷かけ」
イリコは少量なのか、
まったく使っていないのかの、どちらかで、
メインは、カツオと昆布だと思うのですが
これが、無茶苦茶に旨い。
去年食べたときは、
癒し系の優しいダシだったのですが、
今年のものは、
力強くて、キレがあります。
日本酒を飲んだ後に、
欲しくなる味だ。

茹でたてのしなやかな麺をすすり、
ダシをゴクリと飲み干して、
ご馳走様ー。
これは、いいモノ食べました。


来る6月13日(木)の夜営業は、
『燗の美穂』の女将さんが、
日本酒を担当するスペシャルナイトだそうですよ。
興味のある方は、こちらを。


『饂飩 きぬ川』
  住所:大阪市中央区谷町7丁目6-35(空堀商店街内)
  正しい営業時間:(平日)11:20~14:30(LO14:00)、17:30~21:00(LO20:30)
             (土日)11:20~15:00(LO14:30)、17:30~21:00(LO20:30)
  正しい定休日:火曜日、第1&3月曜日の夜
  アクセス:大阪地下鉄「谷町6丁目」駅から徒歩3分
  ブログ:http://mousan1.blog22.fc2.com/

スポンサーサイト
大阪のうどん | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示