05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
麺喰
ならまちの外れにある
町屋を改装したうどん屋『麺喰』さんです。
カフェとしても営業しているので、
うどん以外に、コーヒーなんかも飲めます。

麺喰 粕汁うどんセットメニュー
12月限定の「粕汁うどん」を食べに来ましたー。
うどんに使う酒粕は、
ご近所の蔵元「春鹿」さんのものだそうです。

熱燗
この日は寒かったので、
うどんができるのを待つあいだに、一本つけてもらいました。
これも「春鹿」です。

粕汁うどんセット
ちょうど御銚子が空いたころに、来ましたー。
「粕汁うどんのセット」です。
ご飯や一品、デザートまでセットされて、
\1000は、お値打ち。

粕汁うどん
鹿の形のニンジンが乗っているのは、
観光客の多い立地だからか、
カフェだからか‥(笑)。
それより驚いたのは、具に鮭が使われていたこと。
シャケの入ったうどんは初めてです。

まず粕汁を一口頂いたのですが、
これまた、びっくり。
鮭と野菜を煮込んだスープに、
酒粕が溶け込んで、とろーりクリーミー。
甘くない塩味のダシには、
しっかりと鮭の旨みが効いています。
具だけでなく、ダシもシャケとは、
攻めてるなー。

後できいたら、
隠し味に味噌も使っているそうですが、
基本的にはあっさりした塩味。
甘くない、大人の粕汁です。
たっぷりの野菜と鮭の旨みを
まろやかな酒粕が包み込んでいて、
食べると、ほっこりー。

粕汁うどんアップ
茹でたて艶々のうどんは、
プリプリのコシで、
熱いダシの中でもちゃんと存在感があります。
持ち上げても、ブチっと切れたりしないので、
安心して、ずずずーっと、
すすれるのだ。

古代米ごはん
古代米のご飯は、
もち米のような香りと食感。
白米より甘みがあり、
粘りも強くて、もっちもちです。

名古屋風手羽先
セットに付く一品料理は「名古屋風の手羽先」
カリっと油で揚げて、
甘辛でピリ辛のタレをからめてあります。
こちらの手羽先は、
近所のスーパーで買うものよりより一回り大きく、
肉の味も濃くて、食べ応えがあります。
熱々で出てくるので、指先の火傷注意。

抹茶のババロア
小さいデザートも付いています。
最後は「抹茶のババロア」で〆て、
ご馳走様でしたー。

「粕汁うどん」は、12月限定のメニューだそうです。
食べたい方は、年内に。
冬季限定の「しっぽくうどん」もおすすめです。


『udon and cafe 麺喰 (めんくい)』
  住所:奈良市福智院町1-1
  営業時間:11:00~15:00(LO14:30)、18:00~22:00(LO21:30)(麺切れ終了あり)
  定休日:木曜日
  アクセス:近鉄「奈良」駅から徒歩20分
        JR「京終」駅から徒歩15分
  バスのアクセス:近鉄「奈良」駅からは、3番乗り場のバスがすべて利用可能
            JR「奈良」駅からは、2番乗り場のバスがすべて利用可能
            どちらも、「福智院町」バス停下車、すぐ。
  スタッフのブログ:http://buhidegozaru.blog102.fc2.com/

スポンサーサイト
奈良のうどん | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。