07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
釜ひろ
約1ヶ月ぶりの『釜ひろ』です。
11月から始まった
冬の限定メニューを食べに来ましたー。

かきうどんメニュー
「鍋焼きうどん」なんかもありますが、
今日のお目当ては、牡蠣のうどん。
こちらのお店の「かきうどん」「かきカレーうどん」は、
温かいダシの中に、
剥き身の牡蠣がコロコロ入った、
牡蠣好きにはたまらない一品なのです。

かきうどん
10分ほど待ったでしょうか。
お待ちかねの「かきうどん」が、
ホカホカの湯気とともに登場ですが、
ぐわっ、
湯気で、前が見えないー。

かきうどんアップ
気を取り直して「かきうどん」です。
牡蠣が入ったためか、
少し白っぽい色に変わったダシの中で、
剥き身の貝がふっくらと煮えています。
数えてみたら、
10粒ぐらいありましたか。

ふーふーして頂くと、
牡蠣のエキスが溶け込んだダシが、
じわっと身体にしみわたります。
旨みたっぷりなのですが、
濃厚と云うよりは、繊細な美味しさ。
身も心もほっこりするような
とても優しい味わいで、
黄色い柚子の皮の爽やかな香りが、
いいアクセントになっています。

こちらのうどんは、冷たいぶっかけで頂くと、
シュっとしたコシで、
とても喉越しが良いのですが、
温の麺だと、口当たりが柔らかくなって、
チュルルンと喉を通ります。
なにか、ダシとうどんが、
同じスピードで
喉を通っていく感じなんですよね。
コシの強いうどんとは、
また別の美味しさがあって、
「かきうどん」の優しいダシにも
良くマッチしています。

かきうどん取り分け
当方、猫舌のため、
熱々のうどんを頂くには、
取り皿が活躍します。
なんか子どもみたいですが、
鍋だと思えば、恥ずかしくない!

ふっくら煮えた牡蠣をパクリ、
ネギをパクリ、
ダシとうどんをチュルルンと頂けば、
柚子のいい香りがふわ~。
寒い夜には、
まことにたまらない「かきうどん」なのでした。

美味しいうどんで、
身も心もホカホカになって、
ご馳走さまー。


『釜ひろうどん』
  住所:大阪市東住吉区山坂5-2-27
      ジョイフル鶴が丘1F
  営業時間:11:00~14:30 17:00~20:30(LO20:00)
  定休日:火曜、第3月曜日
  アクセス:JR阪和線「鶴ヶ丘」駅から、徒歩1分
        or大阪地下鉄「西田辺」駅から、徒歩7分

スポンサーサイト
大阪のうどん | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
おいしそー!!

次のあゆ庵は かきうどんにしようかな。
たまらぁん!!
>あゆさん
おうちで、手打ちのうどんで、かきうどん。
いろんな意味で、これが本当の贅沢ですね!v-16

管理者のみに表示