07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
讃州
半月ほど前です。
と、云うか11月15日のボージョレ・ヌーボー解禁日の
『情熱うどん 讃州』です。
写真を失敗したので、ここだけ昔の画像です。

ボジョレーヌーボー解禁日の肴メニュー
魅力的なツイッターに乗せられて、
ヌーボー呑みに来てしまいました。
グラス400円は安い!

ボジョレーヌーボー1
2階のテーブル席で、まず一杯ー。

鶏と茄子のトマト煮
アテは「鶏と茄子のトマト煮」
うん、これは王道だ。
コクのあるトマト味が、ワインにぴったり。
季節感はちょっーと微妙な感じもしますが、
イタリアンだから、いっかー。

アンチョビとベーコンのポテトサラダ
もう一品「アンチョビとベーコンのポテトサラダ」
前に食べたときは、
すごくアンチョビが効いていたのですが、
この日のは、
イモのホクホク感とベーコンの風味がマッチした
ジャーマンポテト的な味わい。
アンチョビ入れ忘れた疑惑(笑)もありますが、
ボージョレ・ヌーボーが、
果実味のある軽めの赤なので、
それに合わせて、
ポテサラも、軽い味付けにしてあったのかも。
ジャガイモの味がしっかり分かるので、
イモ好きなら、こちらです。

ボジョレーヌーボー2
ワインをおかわりして、
ついでに気になっていた
「まいたけの天ぷら生ハムのクリームソース」
頼もうとしたのですが、
ありゃ、まさかの売り切れ。
もっと早い時間に行けば良かった。

チーズinオムレツ
もうちょっと食べたい気分だったので、
それなら「チーズinオムレツ」を。
サラダ付きなのがうれしいです。
(うどん屋なので)箸でオムレツを割ると、
想像以上に大量のチーズが。
とろーりと流れ出す様はなかなか壮観でした。
でも、ワインのアテにするときは、
ケチャップはいらないね。
もちろん、これはこれで美味しいけど。

釜玉うどん
グラスワイン2杯でホロ酔い気分ですが、
ここで、ラストオーダーの時間になったので、
あわてて「釜玉うどん」をオーダー。
ボージョレー・ヌーボー解禁日に合わせて、
「うどんのぺペロンチーノ」とか合ったらスゴイなーと、
思ったのですが、さすがにそれは無かった。
ええ、ただのワガママですので、
聞き流してください。

大きな器で登場の「釜玉うどん」は、
熱々のうどんの下に、生の玉子が入っています。
全体を混ぜ混ぜして、
熱で半熟になった玉子が、
うどんにからまる状態になったら食べごろです。

釜玉うどんアップ
こうして見ると、
超太麺のパスタに見えないことも無いかも。(酔った勢い)

この日のうどんは、ほとんど伸びが無い代わり、
むっちむちのもち肌で、
食べてみると、粉の風味はしっかり。
これなら、醤油いらんかなーと、
半分はそのまま食べました。
うむ、これにバターでも落としたら、
ワインが、もう一杯呑める。

釜玉うどんに薬味
残り半分は、薬味を入れて頂きます。
「釜玉うどん」の薬味に
海苔が入るのは珍しい気がしますが、
これが意外と合うのです。
「のりたまうどん」だ。
醤油をたらたらーっと落として、
ずずーっと。
天カスのカリカリが、たまらーん。


ワインを飲んで、うどんで〆るスタイルは、
これから流行って欲しいです。(個人的希望)
あれやこれやと頂いて、
ボージョレ・ヌーボーも堪能できました。
大満足で、ご馳走さまー。


『情熱うどん 讃州~sanshu~』
  住所:大阪市北区豊崎3-4-12
  営業時間:11:00~15:00、17:30~21:00(麺切れ終了の場合あり)
  定休日:日曜日(祝日・不定休)
  アクセス:大阪地下鉄「中津」駅から徒歩3分
        各線「梅田」or「大阪」駅から徒歩15分程度
  ブログ:http://blog.goo.ne.jp/jyounetsuudon
  ホームページ:http://www.jyounetsuudon.com/
  大将のブログ:http://udon.osakazine.net/
  限定メニューなどの情報はツイッターでも:sanchanudon、jounetsu_udon

スポンサーサイト
大阪のうどん | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示