07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
活麺富蔵
四条畷の『活麺富蔵』さんです。
11月6日解禁の「釜コロ」の冬バージョンを
食べに来ましたー。
ランチタイムを少し外しても、
結構お客さんが入っていることが多いのですが、
この日は、先客なし。
これなら、いきなり「釜コロ」をお願いしても
大丈夫そうです。やったー。

美人になる佃煮
席に着くと、目の前のカウンターには
「彼女ができる佃煮」が。
あったはずなのですが‥、
2、3回瞬きをしている間に、
あれ? 「美人になる佃煮」に変わっているぞ。
うーむ、イリュージョン。

せっかくの「美人になる佃煮」なので、
とりあえず、頂いておきましょう。
結果はいつ出るのかなー、楽しみだ。

本日のお品書き
「釜コロ」は少し時間がかかるので、
すぐできる小皿アテをお願いして‥、

白ワインで一杯
先に白ワインで始めます。
サービスの「うどんの揚げ菓子」「美人になる佃煮」もあるので、
軽く飲むには、これで十分。
明るいうちから頂くワインも、良いものです。

カキと春菊の玉子焼き
本日の小皿料理から「カキと春菊の玉子焼き」
玉子焼き自体の味付けは、あっさりめで、
上から甘めのアンがかかっています。
具がみっちり詰まっていて、
和風のキュッシュを食べているよう。

冬の釜コロ
そんなこんなしているうちに、
「釜コロ」も登場です。
コロッケの断面から、ちらちら見える赤いもの。
その正体は、カニー!
「冬の釜コロ」は、カニがたーッぷりの
カニカニバージョンなのです。

冬の釜コロアップ
釜抜きのもっちもちのうどんに、
揚げたてのクリームコロッケをオン。
コロッケの切り口から、
トロトロに柔らかいホワイトソースが流れ出して、
うどんに絡みます。

冬の釜コロ混ぜた後
混ぜ混ぜして頂けば、
これはもう、クリームソースパスタ。
コロッケの具は、たっぷりのカニの身と、
ダシ代わりの貝柱だけなので、
カニの繊細な甘みが堪能できます。

前に頂いた「釜コロ」(夏バージョン)は、
コクのあるチーズが使われていて、
その濃厚な風味が、
焼酎のアテにぴったりだったのですが、
今回は、チーズなし!
カニ一本で勝負しておられます。
カニとミルクの優しい味わいは、
冷たい白ワインと好相性ですが、
これは、もしかしたら、
日本酒と合わせてもいけるかも‥。

途中で、醤油を少し落としたり、
黒胡椒を引いたり、
味の調整はお好みで。

水出しアイスティー
熱々の「釜コロ」の後は、
「水出しアイスティー」を頂いて、
さっぱりとクールダウン。
無糖なので、甘さが残らず、
食事の後にも、お酒の後にも、
口の中がすっきりして、グー。

柿の天ぷら
ここで、サプライズ。
デザートとして「柿の天ぷら」を出していただきました。
うわー、これは始めてかも。

サクッとした薄衣の下から、
熱々のフルーツが出現するのが、新感覚。
たぶん、そのまま食べてもおいしい
食べごろの柿を使っているのだと思うのですが、
温かいと状態だと、
甘みとジューシーさが増すような‥?
なにか不思議な美味しさでした。

ここで、アイスティーを飲み干して、
ご馳走様ー。

燗酒のすすめ
燗酒に挑戦するのは、
次回の宿題と云うことで、
寒くなった頃に、また伺います。

11月11日臨時休業
次の日曜日、11月11日は、
臨時休業されるそうなので、
ご注意ください。
(ポッキーの日と覚えると、忘れませんよ)


『細打ち 田舎うどん 楠公二丁目 活麺富蔵(いけめんとみくら)』
  住所:大阪府四条畷市楠公2-8-26 谷山ビル1F
  営業時間:11:00~20:30(LO)麺切れ終了あり
  定休日:月曜日(祝日は営業、翌日休み)
  アクセス:JR学研都市線「四条畷」駅から徒歩4分
  ホームページ:ikemen-tomikura.com
  ブログ:http://tomikura.blog.fc2.com/
  麺切れなどの情報は、ツイッターで:活麺富蔵@udon_4154

スポンサーサイト
大阪のうどん | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示