09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
はるりん
よるりんです。
『情熱うどん はるりん』さんに
仕事帰りに晩御飯を食べに来ましたー。

駅から、ちょーっと遠いので、
ついつい足が遠のいてしまうのですが、
歩きやすい季節にもなったので、
これからは、訪問が増えると思います。

11月4日の日替り
ちょっと熟成しておりますが、
いつだったかの日曜日の日替わりです。
各+50円で、
うどんとご飯が大盛りにできるのは、
おトクですね。

また、夜限定のメニューとして、
「ざる坦坦」もスタートしています。
いつか、食べよう。

カキフライタルタルカレーうどん
この日は、
日替りの「カキフライタルタルカレーうどん」を。
大阪・中津の『情熱うどん 讃州』
このメニューが食べられるのは、
知っていたのですが、
こんなところで出会うとは‥。
大きな器で、どーんと登場です。
もちろん、奈良でもタルタルしています。

カレーのカキフライ
まずは、上に乗ったカキフライをぱくり。
最初に、タルタルソースのまろやかさと
ソースのコクが、
口の中にひろがります。
その次に、サクっとした衣の下から
カキの旨みがじゅわ~。
そして、最後に、
熱々のカレーがたっぷりしみこんだ
カキフライの下半分が
口の中に入ってくるのですが、
これはもう、
あちちで、ハフハフで‥。
もう口の中はジェットコースター状態です。

ひんやり&まろやかなタルタルソースから、
熱々&スパイシーなカレーまで、
一気に駆け抜ける疾走感は、
まさに未体験ゾーン。
こいつはスゴイぞ!

「カレーうどんに、カキフライをトッピングしただけー」
と思ったあなたは、悔い改めた方がよろしい。
タルタルソースがあるのと、
無いのとでは、まるで別物です。
ぜひ、実食をおすすめします。

うどん
ベースになるカレーは、
辛すぎない適度なピリ辛で、
肉や野菜の旨みもたっぷり、
安心できる味です。
牛肉もしっかり入っているので、
カキフライを先に食べてしまったとしても、
最後まで楽しめますよ。

コシのある麺は、
熱いカレーの中だとすこーし柔らかくなりますが、
プリっとした弾力は健在。
プチプチ切れたりしないので、
ずずずーっと、すすれます。
カレーのハネが気になる方には、
紙エプロンも用意されていますので、
御安心を。

満腹になって、
ご馳走さまー。

カキフライ登場
単品のカキフライや、
セットメニューも登場しております。
カレーも美味しいのですが、
冷たい麺も魅力的ー。
食べたいものが、
いろいろあって困ります。


『情熱うどん はるりん』
  住所:奈良市北之庄町17-4
  営業時間:11:30~15:00、18:00~21:30(麺切れ終了あり)
  定休日:水曜日
  アクセス:JR桜井線「帯解」駅から徒歩20分
  バスのアクセス:
      近鉄奈良駅(JR奈良駅からも可)から、
      奈良交通の路線バス、「シャープ前」行き、
      または「白土町」行きに乗車。
      「永井町」バス停で下車、徒歩1分。詳細は→こちら

あれは、いつだったか‥、
ブログをサボっていた時の訪問記です。
とり天タルタルサラダぶっかけ
まだ、暑かったころでしょうか。
お店のおすすめメニュー
「とり天タルタルサラダぶっかけ」を頂きました。
盛り付けが目にも鮮やかー。
水で〆た冷たい麺を
特製のゴマダレで食べるうどんです。
野菜たっぷりのサラダ仕立てで、
大きな鳥天にタルタルソースも添えられて、
ヘルシーなのに、ボリュームも満点。

うどん
コクのあるゴマダレは、
少しだけピリ辛で、
後口にほんのり残る刺激が食欲をそそります。
サクっと揚がった鳥天や
生野菜にもよく合いますが、
うどんとも好相性。

しかーし、
特筆すべきは、麺の美味しさ。
シュっと伸びるだけでなく、
グニっと粘る食感もあって、
これは、旨いねー。
口当たり良し、のど越し良し、
ずずーっと、すすったら、
これは、もう止まりません。

失礼を承知で云うのですが、
開店した当時より、
ずっと美味しくなっていると思いました。
これからも期待大ですわ。

おつまみメニュー
お酒のアテも用意されているので、
飲みにも使えるのですが、
うどんのボリュームを考えると、
途中で満腹になるのが心配で、
なかなか手を出せないでいます。

スポンサーサイト
奈良のうどん | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。