09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
釜ひろ
最近、ちょっとご無沙汰でした。
JR鶴ヶ丘駅前の『釜ひろ』さんです。
夜営業の始まるころに訪問しました。

炎の釜玉メニュー
いつもなら「ぶっかけ」を頼むのですが、
今回は、10月の限定メニュー「炎の釜玉うどん」で。
去年食べて、美味しかったので、
今年も食べに来ましたー。

炎の釜玉うどん
こちらが実物ー。
基本の「釜玉うどん」の上に
豚バラ肉とキムチをトッピングし、
さらに卵黄を乗せて、
真っ赤な唐辛子の粉をバサッーっと。

見た目、真っ赤っかですが、
それほど辛くないので、ご安心を。
お子様でも食べられるレベルです(たぶん)。

混ぜた後
全体をよーく混ぜて頂くと、
豚キムチの風味がうどんに染み込んで、
あーら、不思議。
「釜玉うどん」が、焼うどんテイストに変身です。
これは、ビールが飲めそうだね。

油で炒めていないので、
意外とあっさり食べられて、
ヘルシーなのもポイント。
また、炒めてないので、
麺自体の粉の風味や
釜抜きのもちもち感も楽しめます。

半分食べたところで、
薬味のおろしショウガを混ぜて、
醤油を少し落とすと、
味が締まって、これまた旨い。
ずずずーっと、ね。

れんこん天
そして、
サイドメニューとして欠かせないのが「れんこん天」
揚げると美味しくなる野菜の代表でしょう。
しっかり厚切りにしてあるので、
ザクっとした歯ごたえがたまりません。

卓上塩
塩、醤油、抹茶塩はお好みで。
おすすめは、
れんこんの甘さが堪能できる塩です。

うどんと天ぷらを堪能して、
ご馳走さまー。
カプサイシンの効果か、
食べた後は、身体がホカホカに温まります。


「炎の釜玉うどん」は、
10月限定のメニューなので、
食べたい方はお早めにー。
11月からは、
人気の「鍋焼きうどん」や牡蠣のうどんが
始まるそうです。
また、食べに行かねば。


『釜ひろうどん』
  住所:大阪市東住吉区山坂5-2-27
      ジョイフル鶴が丘1F
  営業時間:11:00~14:30 17:00~20:30(LO20:00)
  定休日:火曜、第3月曜日
  アクセス:JR阪和線「鶴ヶ丘」駅から、徒歩1分
        or大阪地下鉄「西田辺」駅から、徒歩7分

スポンサーサイト
大阪のうどん | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No Title
ハロウィン20年後には、クリスマス並みになじんでいるだろうか・・・
釜ひろいきたぁい!
>あゆさん
20年後ですか‥、
自分がいくつになっているか考えたら、
それだけで、ちょーっと怖い。
釜ひろは、大将に癒されます。v-16

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。