05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
大河
仕事帰りにうどんを食べにきましたー。
近鉄「寺田」駅と京阪「藤森」駅のちょうど中間あたり、
夜は静かな住宅地に佇む
『本格手打ちうどん 大河』さんです。
裏通りなのに、店内はお客さんでいっぱい。

麦ロックと付出
平日の夜の8時過ぎに訪問すると、
注文を受けてから、生地を取り出して、
伸ばして、切って、湯がく、と云う流れになります。
待っているあいだヒマなので、
軽く麦ロックでも。
突き出しとして、
ワサビ風味のキュウリの漬物も付いてきます。
  ♪かっぱっぱー るんぱっぱー♪
  ♪かーっぱ黄桜 かっぱっぱ♪

キュウリを見ると、頭の中を
カッパ黄桜のCMソングが駆け巡るのは、
お店の所在地が、京都の伏見だから。

マゼリータメニュー1 マゼリータメニュー2
オリジナルメニューの「豚 de マゼリータ」を頂きます。
冷たいうどんも、辛いものも好きなので、
このチョイスになりました。
今夜は、辛いうどんで汗をかきましょう。

豚 de マゼリータ
キュウリで遊んでいると‥、来ましたー。
これが、「トン・デ・マゼリータ」の雄姿です。
水で〆た冷たいうどんの上に、
温泉卵が乗り、それを囲むように、
カリカリに揚げたダイス状の豚肉、
青唐辛子のピクルス、
多めのフライドオニオン、青ネギが配置され、
仕上げは赤い糸唐辛子。

唐辛子を浮かせたタレと
粗刻みの唐辛子は別添えで、
お好みの量をどうぞ‥、とのことですが、
唐辛子は種ごとなのが凶悪。
この黄色い種が一番辛いんです‥。

投入
どうしようかな‥と、思ったのですが、
ここは度胸!と
唐辛子は全量投入。
この状態に、タレも加えて、
よーくマゼマゼして頂きます。

一口食べると、
ヒリヒリするような刺激が来ますが、
これは唐辛子の辛さなので、
スーっと消えて、後に残りません。
(個人差があるかもしれませんが)

豚肉が主役のこってり味かと
思ったのですが、
ぶっかけダシベース?のタレは
甘みもあって、意外とあっさり。
タレだけでなく、
具のフライドオニオンも甘いので、
食べると、辛い→甘い→辛い→甘い→の、
無限ループが発生します。

これ読んでても、
よく分からないと思いますが、
とにかく、
さっぱりしていて、辛くて、甘くのだ。
そして、後を引く味です。
一度、食べ始めると、
辛いのに、最後まで食べてしまうという。
‥恐ろしい。

カリカリに揚げた豚肉は香ばしく、
食感のアクセントに。
そして、甘くて酸っぱい(そして当然、辛い)
青唐辛子のピクルスが、
カレーライスのラッキョウ的に、
パンチを効かせています。
しかし‥このピクルス、
酢がのどを直撃すると、むせるので、
食べるときには、注意(笑)。

あとめしセット
うどんを食べた後は、
「あとめしセット」も頼んで、

あとめし1
残ったタレに投入~。
雑炊風に頂きます。

あとめし2
このあとめし、
タレの中にこぼれ落ちたチャーシューを
発見ー♪と云う、楽しみも。
底までキレイにさらって、
ご馳走様ー。


うどん屋の辛いメニューというと、
『B屋』さんの「キーマカレー」や、
『S々』さんの「汁なしタンタン」など、
”濃厚で辛い”ものが多いような気がしますが、
これは、新ジャンル”あっさり辛い”です。
夏の暑い日に、辛いものを食べて、
汗をかきたいときにもぴったりですね。
タオル、ハンカチ、持参でどうぞ。


竹田駅 近鉄側 竹田駅 地下鉄側
余談ですが、
近鉄の「寺田」駅には、地下鉄も乗り入れています。
同じホームの両側に、
それぞれの電車が止まるのですが、
JR「京都」駅までは、
近鉄だと200円、地下鉄だと250円。
うっかり乗り間違えると、
損をする恥ずかしいので、
利用する方は、ご注意のほどを。


『本格手打ちうどん 大河』
  住所:京都市伏見区深草西浦町7-45-1
  営業時間:11:30~14:30、18:00~21:30(麺切れ終了の場合あり)
  定休日:火曜日
  アクセス:京阪「藤森」駅から徒歩10分
        近鉄or京都地下鉄「竹田」駅から徒歩12分
  ブログ:http://ameblo.jp/taiganooudon/

スポンサーサイト
京都のうどん | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。