09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
みなさまは、うどん屋における
「鳥天vs唐揚げ」問題をご存知でしょうか。
鳥天、かしわ天とオーダーしたのに、
唐揚げが出てきた‥と、云うアレです。

全部の店とは云いませんが、
天ぷらと云ったら、
天ぷらの衣が付いたアレでしょう‥が通用しない
うどん屋があるのも事実。
客の方も、だんだんその状況に慣れてきて、
平気で、出てきた唐揚げに
箸を伸ばすようになるのです。
なんと、嘆かわしいことではありませんか。

千舟屋
その状況に一石を投じ続けているのが、
伊丹の住宅地にたたずむ『千舟屋』さん。
女性スタッフだけで運営されているお店です。
ランチタイムは行列必至なので、
午後2時過ぎにお邪魔しました。

こちらは、
「かしわ天」「唐揚げ」を両方メニューに載せています。
つまり、両者を混同する事なく、
天ぷらは天ぷら、唐揚げは唐揚げである、と
明確に主張されているのです。
なんて、素晴らしい‥。

かしわ天
「かしわ天」は胸肉を使い(もしかしたらササミかも)、
天ぷらの衣で、サクッと揚げてあります。
柔らかい肉質にふんわりした衣がマッチして、
とても優しい口当たり。
歯の悪い人や小さいお子さんでも、
これならパクっといけます。

カレー塩
うどんのダシに浸してもいいのですが、
添えられたカレー塩で食べたら、
あっさり旨~で、
これ、5人前は軽いですね。
ふんわり軽ーい食感は、まさに天使のかしわ天。

唐揚げハーフ
じゃあ、対する「唐揚げ」は悪魔なのか、と云うと、
そんなことはないのですが、
男性客における「鳥の唐揚げ定食」指名率の
ハンパない高さを考えると、
こちらは、おじさまキラーの小悪魔かも。
もちろん、若いおにーさん達にも人気絶大です。

食べ応えがあるモモ肉を使い、
濃い目の下味を付けて、
表面はパリパリ、中はジューシーに揚げてあります。
うどんのおかずにもいいのですが、
これ、白いご飯やビールが欲しくなるんですよね。
定食以外に単品もあります。
これは、ハーフサイズ。

提供前に、一度切れ目を入れて、
ちゃんと火が通っているか確認するという
手間を惜しまないため、
中が赤いまま出てくる事はありません。
安心して、
ガブリとかぶりついて大丈夫です。

結論から云うと、
「かしわ天」「唐揚げ」どっちも旨い。
両方食べたいー。

親子ぶっかけ
この日頂いたうどんは「親子ぶっかけ」
別名「かしわ天玉ぶっかけ」
私には、同じものに見えたのですが‥。
5月いっぱいの限定メニューだそうです。

うどん
茹でたてのうどんは、ムチっとした弾力で、
にゅ~と伸びるコシ。
そのまま食べても、粉の風味もあって旨いですが、
あっさりしたぶっかけダシとも相性抜群。
途中でレモンを絞ると、
フレッシュな香りで、さらにさっぱりと頂けます。

半熟玉子天
玉子の黄身もいい色でした。
トロトロの半熟がたまらんのよ。

うどんにハーフの「唐揚げ」を付けて、
満腹になりました。
ご馳走さまー。

営業時間
ランチは行列必至ですが、
開店してすぐの時間帯か、14時以降なら、
比較的スムーズに入店できることが多いです。

天神川の堤防
食後は、腹ごなしに天神川の堤防へ。
心地よい風に吹かれて歩くこと約10分。

荒牧バラ園
荒牧バラ園で、
花の観賞なんて、いかがでしょう。
日陰やベンチが少ないのが難ですが、
入場は無料です。

赤いバラ
                  黄色いバラ
色が混じったバラ
普段は、うどん専用デジカメと化しているので、
たまには、違うものも
撮ってあげないといけないかなー、と。


『釜揚げうどん 千舟屋』
  住所:伊丹市北野6-11
  営業時間:(平日)11:00~15:00(LO14:45)
         (土日)11:00~15:00(LO14:45)、17:30~20:30(LO20:00)
  定休日:水曜、第3火曜
  アクセス:伊丹市営バス「西池」バス停より徒歩3分
  ブログ:http://blog.goo.ne.jp/tibuneya

スポンサーサイト
兵庫のうどん | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
ころりんちゃん、面白すぎっ!
>あゆさん
わーい、ほめられた~♪v-16


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。