04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
以前から、
薄々とは気づいていたのです‥。

うどんとセットの「鮭御飯」「鮭マヨ丼」にアレンジしたり、
限定メニューで、
「海老天マヨぶっかけ」をリリースしたり。
その度に、なんか怪しいなとは思っていたのですが‥。

荒木伝次郎
先週の平日の夜の『荒木伝次郎』です。
この日、疑惑は確信に変わりました。

3月9日のオススメ
『伝次郎』の大将は、
隠れマヨラー に、違いない。

明太子マヨ釜玉
これが動かぬ証拠です。
白いラインは、器の模様ではありません。
これ、すべてマヨネーズ!

<釜玉(の卵)>+<明太子>+<マヨネーズ>と、
うどんの上にトリプル卵が集結しております。
圧巻のビジュアルの前に
なかなか‥手をつける勇気が湧かなかったのですが、
ここで引き下がるわけにはいきません。
ままよ、とばかりに箸を突きたて、
ぐりぐりと混ぜて頂きました。

アップ
そもそも、うどんにもたっぷりのマヨネーズが
絡んでいるのですが、
これが、半熟状になった釜玉の卵と融合して、量が倍加。
一口食べた印象は、
「たっぷりマヨネーズのトロトロうどん(明太子風味)!!」。

釜抜きのもちもちのうどんに
クリーミィなマヨネーズ(量多め)が絡んで、
なんとも悩ましい風味に仕上がっています。
味の調整用に醤油が付いてきますが、
私は明太子の塩気で十分でした。

カルボナーラに、
マヨと明太子を放り込んだら、
こんな感じかもしれませんが、
味が濃すぎて、パスタでは負けてしまうでしょう。
『伝次郎』のうどんだからこそ成立する
ヘビィ級の一皿です。
マヨラーは必食。

薬味の天カスを投入すると、
さらにマヨ度がアップしたりします。

ミニカツ丼
「本日のオススメセット」で、
この「マヨ釜玉」とタッグを組むのが「ミニカツ丼」
(ここにも卵が!)
ミニとは言っても、分厚いカツに、
御飯もしっかり入って、ボリューム有り。

うどんが濃厚なので、
御飯ものは、お茶漬けサラサラでもいいぐらいですが、
あえて「カツ丼」を持ってくる
その”攻め”の姿勢に脱帽です。

明太子マヨ釜玉とミニカツ丼
うどんを大盛りにしても無料ですが、
さすがに、並で十分でした。
ついでに言うと、完食すると、
満腹感やらなんやらで、確実にテンションが上がります。
コレステロール・ハイですかねー。

なんか、
新しい世界が見えた気がしました。


『情熱うどん 荒木伝次郎』
  住所:奈良県磯城郡田原本町千代43-1パレス千代1階西
  営業時間:11:30~15:00、18:00~21:30(麺切れ終了あり)
  定休日:月曜日(祝日は営業、翌日休み)、水曜日の夜
  アクセス:近鉄橿原線「笠縫」駅から徒歩10分
  ブログ:http://ameblo.jp/denjiroaraki/

スポンサーサイト
奈良のうどん | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
私もビミョーにマヨラーです
少し心が動きました
>ひろさん
百聞は一食にしかず‥、ぜひご賞味ください。
そこに、新しい世界が待っています。
ただし、限定メニューなので、
いつでも食べられるわけではないのがネックですが。v-16

管理者のみに表示