05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
近鉄三山木駅
巡礼の11軒目は、
『第7番札所 京都のおうどん屋さん たなか家』さんです。
電車で訪問する場合、
最寄り駅は、JR京都線の「玉水」(片道10分)なのですが、
近鉄京都線やJR学研都市線(片町線)の「三山木」からも歩けます(片道35分)。
車の人には分からんでしょうが、
店まで歩く35分が、うどんをより美味しくしてくれます。
ついでにカロリーも消費できて、一石二鳥。
いざ、歩け、歩け。

玉水橋府道65号線を東進すると、
木津川にかかる玉水橋がちょうど中間地点になります。
木立に隠れて見えませんが、
たぶん、あの辺が『たなか家』~。

玉水橋
橋の上からの眺めは絶景ですが、
この橋、揺れる揺れる~。
大型トラックが来ると、
びよよ~~んよ~んと、
周期の長い嫌な揺れがしばらく残ります。
アーチ型の中央部など、
もう風が吹いただけで揺れる。
このルートの難所といえましょう。

玉川の土手
なんとか橋を渡ると、井手町です。
住宅地の中を通り抜けるのが最短ルートなのですが、
オススメは玉川沿いの遊歩道(?)。
のどかな川辺の道はパラダイスの予感。
都会の喧騒を忘れて、なごみます。
春は桜の名所だそうな。
ただし、たまにバイクや軽自動車が入ってくるので、
後方には注意してください。

坂
遊歩道を抜け、ここまで来れば、
あと一息、
坂を上ったら『たなか家』です。

たなか家
はい、着きました。
遊歩道を通ったので、40分ほどかかりましたが、
ここが『たなか家』です。
正面に看板や目印がないので、
初めての人は、うっかり前を通り過ぎることも‥(体験談)。

客席
平日の開店時間なので、空いていました。
緑に囲まれた客席は、開放感いっぱい。
セルフの店なので、
混雑していなければ、
先に席に荷物を置いて、財布だけ持って、
うどんを買いにいくのがスムーズです。

ぶっかけうどんに舞茸天
冷たいうどんが食べたかったので、
「ぶっかけ」「舞茸天」を乗せてもらいました。
ちょっと待ちましたが、茹でたての麺です。
わーい。

うどんアップ
冷水で〆られたうどんは、シュっと伸びるコシ。
以前は、もちムチの麺だった印象があるのですが、
関西で流行っている麺に近づいた印象です。
まあ、食べて旨けりゃ、なんでもいいんですが。
ずずずーっと、ノド越しを楽しみます。
プチプライスの舞茸天も旨い。

京都拉饂麺メニュー
朝食抜きでの訪問だったので、もう少し食べられそうです。
じゃあ、次はこれを。
凝り性の大将、
ついに中華そばに手を出したのでしょうか?

京都拉饂麺
「京都拉饂麺(きょうとらうめん)」です。
注文すると、うどんとは違う麺を湯がき始めたので、
てっきり”中華そば”かと思ったのですが、
食べてみると細麺の”うどん”でした。
スープは、ゴマとラー油風味のピリ辛味。
早く言うと、細うどんをつかった坦坦麺です。

いや、うどんより啜りやすくて
ズルズルいける麺は、やはり”拉饂麺”か?

坦坦麺と言いましたが、
スープに工夫があるらしく、
その辺のうどん屋やラーメン屋では食べたことがない、
独特の風味です。
野菜の甘みが効いていて、
一口目よりも、食べている間に
だんだん美味しくなって来る感じ。
これは結構ハマルかも。

そんなに辛くないので、
激辛は苦手という方でも食べられます。
一度お試しください。


『京都のおうどん屋さん たなか家』
  住所:京都府綴喜郡井手町井手玉ノ井20-1
  営業時間:10:30~14:00
  定休日:日曜日、祝日、第1・3・5土曜日
  アクセス:JR京都線「玉水」駅から徒歩10分
       JR学研都市線or近鉄「三山木」駅から徒歩35分
  ブログ:http://kyoutoudontanaka.blog68.fc2.com/

スポンサーサイト
第4回うどん巡礼 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。