09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

真打@三ツ島

2011/08/04 Thu 23:58

薫蓋樟
それは先週のこと‥、
あんまりにも暑いので、木陰を求めて「三ツ島神社」へ。
巨大な御神木の下は‥おお、なんか涼しい。

でも、神社への行き帰りの道が、
やたらと暑かったという‥。
仕方ないので、うどんでも食べよう。

真打
7月の終わりの『真打』さんです。
昼営業の終わり間際に行くと、
珍しくまばらな客席に混じって、
この春から小学校に通う大将のとこの息子さんが
鳥天をかじっていました。
夏休みだもんなーと思って見ていると、
2号君、ちらっと眼をあげて、
「ブログ見たよー」と一言。
で、また鳥天に戻る。し、渋い。

しかし、
小学生が見てると分かった以上、
もう、あんなことや、こんなことは書けないなー、と。
‥これからは、上品なブログを目指そう。

限定メニュー
壁の限定メニューから、
まだ食べてないのをオーダー。
ちなみにキムラ君と吉田君は旅に出たそうです。


釜明太カルボ
明太子と卵黄の卵々コンビにやられてしまう「釜明太カルボ」
釜抜きのうどんに、
たっぷりのチーズと生卵をからめて、
上にも明太子と卵黄をトッピング。
熱々のところをかきまぜると、
溶けたチーズがとろ~っと糸を引きます。

熱が入って半熟になった玉子が麺にからみつく様子は、
まーさーに、うどんカルボナーラ。
とろっとろの玉子とチーズが、
持ち上げても、引っ張っても切れない、
コシの強いうどんと良い勝負をしています。
ずずーっと食べると、至福。
とても濃厚でミルキーな味わいなので、
「クリームも入ってるんですか?」と聞いてみたのですが、
使っているのは、玉子とチーズだけだそうです。
(チーズの種類と量に秘密がありそうな)
ところどころで、ピリッと辛い明太子が
味にメリハリをつけてグー。

思わずビールが飲みたくなったので、
頂いてしまいました。
まあ、休みだし。

〆リゾット
〆は、小ライスを投入してリゾット風に。
カツオの香り高いうどん出汁も用意されるので、
洋風リゾット→和風雑炊の2段〆めで。

いつものように満腹になって、
御馳走さまー。
次回は「ひやかけ」が食べたいなー。
でも、常設メニューではないので、
タイミングが難しくて‥。


『三ツ島 真打』
  住所:門真市大字三ツ島772-3
  営業時間:11:30~15:00、17:30~21:00(麺無くなり次第終了)
  定休日:月曜日
  アクセス:大阪地下鉄「門真南」駅から徒歩10分
  さらボン父のブログ:http://ameblo.jp/sarabon/
  さらボン母のブログ:http://ameblo.jp/sarasina-4250/

スポンサーサイト
大阪のうどん | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
やるなぁ2号

三ツ島神社ってあるんですね~知らなかった。
しかし、最初から予定しているのに、無理矢理話をねじ曲げてうどん屋へ行くかぁって。

コーヒー吹き出しましたやん。
>あゆさん
昼間からビール飲んだので、
ちょっと言い訳をしてみましたが、
やっぱり苦しいかったですねー。v-16

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。