07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

釜ひろ@鶴ヶ丘

2011/07/31 Sun 12:00

看板
えー、暑さのために、更新が‥。
先々週に食べたうどんです。

いつもの『釜ひろ』さんですが、
店に入ると、いきなり悲しいお知らせが‥。
「レンコン天はしばらく販売を中止させていただきます。」
ありゃ。
私の大好物が‥。

気を取り直して、
店内の壁をきょろきょろ。
こちらの店では、新作や限定メニューの品書きは、
通常のメニューとは別に、
壁に貼ってあることが多いのです。
で、見つけましたー。
黒板に手書きの夜限定メニューの中に、
B級グルメ「三重県亀山みそ焼きうどん」の文字が。

B級グルメのブームもついにここまで来たか(笑)。

余談ですが、この焼きうどん、
もともとは味噌ダレの鉄板焼肉に
うどんを投入する食べ方が、
東海道を走るトラックドライバーの間で人気になり、
それが焼肉屋や食堂などに広まったとか。
最近では、B-1グランプリ出場を目指し、
活動されている団体もあるようです。
気になる方は、ホームページをチェック。

おくらごまあえ
さて、「焼きうどん」には、冷たい飲み物が付き物です。
とりあえず、瓶ビールを頂いて、
まずは、「おくらのごまあえ」で一杯。

三重県亀山みそ焼きうどん
亀山で焼きうどんを食べた大将が、その味を再現したという
「亀山みそ焼きうどん」です。
(ピントがちょっと怪しい‥)
甘辛の濃厚な味噌ダレで、
豚肉とさつま揚げ、たっぷりの野菜と、うどんを炒め合わせて、
最後に半熟の目玉焼きをトッピング。
なにせ、茹でたてのうどんを使うのですから贅沢です。

アップ
本来、焼きうどんには、
どっしりした堅コシのうどんが合いそうですが、
『釜ひろ』さんのは、
グミ系ののど越しの良いうどんを使っているので、
しっかり食べ応えのある主食というよりは、
つるつるーっと軽く食べられるビールのアテ。
パラリと七味を振って頂くと、もうグラスが止まりません。

多めに投入された自家製の天カスもポイントで、
味噌ダレにコクと香ばしさを加えています。
わしわし食べて、飲んで、ご馳走様ー。

お願い
最後に大将からのお願いです。
自転車や単車は、
お店の前に止めるようにしてくださいね。


『釜ひろうどん』
  住所:大阪市東住吉区山坂5-2-27
      ジョイフル鶴が丘1F
  営業時間:11:00~14:30 17:00~20:30(LO20:00)
  定休日:火曜、第3月曜日
  アクセス:JR阪和線「鶴ヶ丘」駅から、徒歩1分
        or大阪地下鉄「西田辺」駅から、徒歩7分

スポンサーサイト
大阪のうどん | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示