07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

讃々@川西・平野

2011/07/15 Fri 23:23

能勢電
『伊和正』から『讃々』までは、
大きな道沿いなので、迷うことはありません。
だらだらーと坂を下って、40分ほど。
昼間は暑いでしょうが、夕方なら楽勝です。

讃々
最後に「平野」駅から西に向かう急坂を乗りきれば、
2軒目『讃々』に到着です。
店の前で大きな招き猫がお出迎えー。

裏口
店の裏にある駐車スペースからも入店できます。
こっちの猫は夜遊びに行ったのか、不在でした。

夏のカレー
ダンボール使いが大胆な、新作おすすめメニューは、
「ゴロゴロ煮豚のカレーつけ麺」
大将、最近豚肉を使ったメニューに力を入れているようです。

おすすめ
今日の目的はこちらの「汁なし坦々麺」
「坦々麺」をアレンジしたうどんを出す店は、
関西に何軒かありますが、
店ごとに個性が出ていて面白いです。

ひやかけ
でも、その前に‥。
お店のご好意で、「ひやかけ」を試食させていただけることに。
やったー♪

キーンと冷やされたイリコダシがのどを通ると、
汗がスーッとひいていきます。
伸びるコシの麺とのマッチングも素晴らしく、
すすり始めると、止まりません。
夏はやっぱりこれですねー。

汁なし坦々麺
で、メインの「汁なし坦々麺(小ライス付き)」です。
タレであえた温かいうどんに、肉味噌と温玉を乗せ、
すりゴマ、砕いたナッツ、水菜などをトッピングしてあります。

先に「ひやかけ」も頂いたので、
正直、白米はいらないかなーとも思ったのですが、
実はこのライスが、後で重要な役割を果たすのでした。

汁なし坦々麺アップ
全体をざっと混ぜて口に入れると、
最初の一口は、ゴマやナッツの風味が効いていて、
コクのあるまろやかさ。
でも、下の方に辛~い香味油が敷いてあるので、
食べていくとだんだん辛くなってきます。

大将曰く「関西で一番辛いうどんを目指してますー」。
う~む、辛いものは嫌いではありませんが、
あんまりマニアックな領域には
足を踏み入れないで欲しいと思います。

食べていると、舌がビリビリー。
麺の美味しさと肉味噌の旨みで、
完食までたどり着きましたが、これ、結構辛いです。
最後に投入する予定のライスを
口直しに半分食べてしまいました(笑)。
辛さ選べると‥いいなあ。

うどんを食べた後は、
残ったタレと肉味噌に(残った)ライスを入れて、
ピリ旨の混ぜご飯として頂きました。
もう満腹で、ご馳走様ー。

お得な定食 夏メニュー
うどんとご飯ものがセットになった「お得な定食」や、
「夏の限定メニュー」もあります。
家がもっと近かったら、
通って、片っ端から制覇したいところですが‥。

営業時間
夜営業は週末のみですので、ご注意ください。


『手しごと讃岐うどん 讃々』
  住所:兵庫県川西市緑台2丁目2-121
  営業時間:(月水木)11:00~15:00
        (金土日祝)11:00~14:30、17:00~20:30 麺切れ終了の場合あり
  定休日:火曜日 
  アクセス:能勢電鉄「平野」駅から、坂を登って徒歩10分
  あまり更新されないブログ:http://hitoribouzu.blog49.fc2.com/

スポンサーサイト
兵庫のうどん | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示