05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
JR学研都市線「野崎」駅から歩いて3分ほど、
駅から野崎観音へ向かう道沿いに、
新しいうどん屋さんができています。

an
うどん屋らしからぬ、
しゅっとした外観のため、
最初は気付かずに、
通りすぎるところでしたが、
扉の横のプレートに
<udon an>と書いてあるのを発見。
そーっと、横の窓から覗いてみると、
奥行きのある店内に、
長く伸びたカウンター席と
真新しいオープンキッチン。
こ、これは、
おそらく、きっと、たぶん、
うどん屋だよね‥。

半信半疑のまま、
とりあえず、訪問です。
たのもー!

とり天メニュー
差し出されたメニューを見て、
もう、一気にリラックスしましたとも。
空腹だったので、
お店のおすすめから、
「とり天ぶっかけダブル!」と、
力強くオーダー。
冷温選べるうどんは、
冷たいのをお願いしました。

注文が通ってから、調理が始まったので、
麺は茹でたて、
天ぷらも揚げたてが食べられるようです。
わーい。

とり天ぶっかけダブル
10分ほど待って、来ましたー。
大きなとり天が2枚に、
野菜天や薬味が添えられた
「とり天ぶっかけダブル」です。
ぶっかけ出汁は、
別添えになっているので、
まずは、うどんをそのまま、
ずずずーっと、ね。

an とり天ぶっかけのうどん
茹でたてのうどんは、
柔らかい口当たりながら、
むっちりしたコシと弾力があって、
喉ごしも上々。
甘さを抑えた、
すっきりしたぶっかけ出汁とも
好相性です。

こちらのお店は、
オープンからまだ1週間ほどだそうで、
うどんの太さや硬さなど、
リクエストはありますかと
大将に訊かれました。
お客さんの意見も聞きながら、
調整していくと云うことなので、
今後、どう変わっていくのか、
その進化も楽しみですね。

こんぶ天
揚げたてのとり天は、
衣がサックサク。
ビッグサイズですが、
塩麹に漬け込むひと手間で
肉がしっとり柔らか。
ダブルでも、ペロリといけちゃいます。
出汁をとった後の昆布も
天ぷらにして、無駄なく利用。
こういうの好きだなー。

an こだわり
現在のところ、
うどんメニューは、かけ、ぶっかけ、ざるが
3本柱ですが、
女将さんは、これから夏に向けて
メニューを増やしていきたいと
熱く語っておられました。

オープン前には、
うどんの食べ歩きもされたそうで、
店が忙しくない時なら、
「麺は、あの店」「出汁なら、この店」と
おすすめ情報を、
教えて頂ける‥かも、です。


『うどん an』
  住所: 大阪府大東市北条1丁目3−21
  営業時間:11:30~14:30(LO14:00)、18:00~21:00(LO20:30)
  定休日:月曜日
  アクセス:JR学研都市線「野崎」駅から徒歩3分

 
スポンサーサイト
大阪のうどん | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。