08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
やまぶき家 えびと揚げもちのみぞれかけうどん いってつ しっぽくうどん
TKU ネギうどん あぶく 野菜たっぷり豚塩うどん
釜ひろ かきうどん 銭形 打ち込み
当方、猫舌につき、
普段は、冷たい麺のぶっかけや、つけ麺を、
頼むことが多いのですが、
寄る年波で、めっきり寒さに弱くなったのか、
湯気の上がるホカホカうどんに、
心惹かれる今日このごろ‥。

やまぶき家 えびと揚げもちのみぞれかけうどん
まず、最初は、
阪急宝塚線の豊中駅からすぐ、
『空飛ぶうどん やまぶき家』さんの
「えびと揚げもちのみぞれかけうどん」
海老と揚げ餅が乗ったぶっかけうどんは、
以前からメニューにあったのですが、
それをホっカホカのかけうどんバージョンにしたのが、こちら。
熱々のうどんダシに、
揚げたての揚餅をとピングしたら、
そりゃー美味しいに決まってますが、
こちらのダシがまた旨いんです。
一口目から、イリコの芳しさにクラクラでした。

海老の紅、餅の白、海苔に水菜の彩りもよく、
年明けうどんとして、
頂くのにもぴったりですが、
ちょっとアップするのが遅かったか(笑)。
大根おろしが入ったみぞれ仕立てで、
身体が温まります。

いってつ しっぽくうどん
続いて、
南海高野線の金剛駅から、歩いて20分ほど。
『讃岐うどん いってつ』「しっぽくうどん」
密度の高いむっちり太麺は、
食べごたえ満点。
それに負けていない、
しっぽくの野菜たちの存在感もスゴイ。
熱々のところを
少し涙目になりながら、
フーフーして頂きました。

別炊きされた野菜は、
少し濃い目の味付けで、
すっきりしたうどんダシや
プリプリの鶏肉と交互に食べると、
味のメリハリがいい感じです。
そして、ダシまですべて
完食した後の満足感と
充実感たるや‥。

TKU ネギうどん
続いては、
JR大阪環状線の玉造駅からすぐ、
『極楽うどん TKU』「ねぎうどん」
なんともシンプルなネーミングですが、
青ネギに白ネギ、生ネギに焼きネギ、
ぶつ切りに、小口切りと、
まさにネギの大盤振る舞い。
食べれば、ネギの香りと
甘み辛み旨みが、
それこそ、どどどーっと、
波のように押し寄せてきます。

猫舌にも優しい
<ひやあつ>対応をしてくれるお店ですが、
このうどんだけは、
熱々を頂くのがおすすめ。
ヤワな風邪なら、
この一杯で吹っ飛ぶことを、
保証致します。

あぶく 野菜たっぷり豚塩うどん
続きまして、
大阪地下鉄の中央線/千日前線の阿波座駅から
歩いて数分、靭公園近く『うどん屋 あぶく』
「野菜たっぷり豚塩うどん」
あっさりしているのに滋味深いスープは、
うどんダシでもなく、
ラーメンとも違うオリジナル路線。
七味ではなく、胡椒が合います。

旨みたっぷりの豚バラ肉と
シメジの上に、
シャキシャキのレタスに水菜、
さらに笹切りのネギを
これでもかと盛り上げたビジュアルが
クリスマスツリーを思わせるんですが‥、
どうせなら、
これも12月にアップするんだったと、
反省しよう。

もともとは、
師匠のお店『三ッ島 真打』のメニューでしたが、
そちらではメニューから外れているので、
今食べられるのは、
たぶん、こちらだけだと思います。
昨年末の訪問では、
うどんの前に、
日本酒のアテを食べ過ぎて、
スープを飲み干せなかったことをが、
未だに悔まれます。

釜ひろ かきうどん
続きまして、
JR阪和線の鶴ケ丘駅のすぐ前、
『釜ひろ』「かきうどん」
牡蠣好きのうどん好きとしては、
寒くなると蕎麦屋に登場する
<牡蠣そば>が羨ましくて仕方がなく、
期間限定で<カキフライ>を出す
うどん屋はあるのに、
<牡蠣うどん>が無いのは、
なぜだろうと、
かねてから思っていたのですが‥、
こちらに、ありました。

熱々のうどんダシの中には、
大ぶりの牡蠣がふっくら煮えて、
ひぃふぅみぃ‥、
えーっと7~8個と云うところ。
堂々たる主役っぷりに
まずは拍手を送りたいところです。
緑のネギと黄色い柚子が、
脇を固めます。

釜ひろ かきうどんの取り皿
取り分け用の小鉢も
完備されていますので、
ネコジターでも臆することなく、
牡蠣を頬張り、
熱いうどんを啜ることができるのも
ポイントが高い。
ずずずずずーっと、ね。

もともとは、牡蠣を目当てに
頼んだのですが、
すっきり旨いうどんダシと、
それがたっぷり染みこんだうどんが、
また美味しくて、一気に完食。
ダシの一滴だって、
残る訳は無いのでした。
ああ、また食べたい。

銭形 打ち込み
そして最後は、
阪急宝塚線の服部天神駅近くの
『さぬき手打ちうどん 銭形』「打ち込み」
塩の入らない手打ち麺を、
たっぷりの野菜とダシで煮込んだ、
<うどんの仲間、ほうとうの親戚>的な
鍋料理です。

銭形 燗酒
生麺から煮込むので、
20分ほど待ち時間がありますが、
お銚子一本つけてもらって、
待つのも楽し♪

銭形 打ち込みアップ
やがて、グツグツと煮えた鍋が登場。
一人前とは思えないボリュームに、
少したじろぎましたが、
こちらの大将曰く、
「野菜たっぷりで、ヘルシーなので、
 たくさん食べても、胃もたれなし、
 また、すぐにお腹が空きますよ」
ええ、その通りでした。(笑)

ぱっと見たところは、
大根、人参、揚げが目立ちますが、
鍋の中には、カボチャや里芋に
鶏肉、蛤なども入っていて、
バラエティ豊か。

銭形 打ち込みの麺
具材の旨みがたっぷり溶け込んだ
優しい味わいのダシが、
まず絶品です。
そして、そのダシでじっくり煮こまれて、
すべての旨みを
吸い込んだもちもち麺が、
これまた、また美味いんだなー。
初めは、ひとりで食べきれるかと、
心配だったのですが、
鍋の底までさらって、
ペロリでした。
そして、食べ終わるころには、
身も心もホカホカに。

正月のご馳走に、
忘年会や新年会が続いて、
胃の疲れを感じている方にも、
おすすめですよ。

スポンサーサイト
雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。