09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
麺喰
近鉄「奈良」駅から、歩いて20分ほど。
<ならまち>の東の外れにある
『うどん&カフェ 麺喰』さんです。

お得なセット
単品のうどんもありますが、
こちらに来ると、
なんかセットメニューを頼んでしまいます。
今月から新登場した
「もつみそうどん」にしようかなー。

もつみそうどんのセット
オーダーが通ってから、
うどんを釜に入れるので、
しっかり待ち時間があって登場した
「もつみそうどんのセット」です。
揚げたての鯛ちくわ天、古代米ご飯、漬物、
デザートも付いて、これは旨そう。

もつみそうどん
梅肉とネギがトッピングされた
「もつみそうどん」からは、
ホカホカと湯気が上がります。
福岡名物もつ鍋的な味付けを
想像していたのですが、
案に反して、
ニンニクも唐辛子も使わない
あっさり仕上げ。
白味噌の風味が上品で、
なんとも優しいー。

もつみそうどんの丸腸
わっ、うどん屋で、
丸腸に遭遇したのは初めてです。
この丸腸が、またプリっプリで、
噛みしめるたび、
甘い脂がジュワワ。
一緒に煮込まれた
キャベツやモヤシも旨いなー。

途中から、
トッピングの梅肉やネギを
薬味として参加させると、
味が変わって、これもいい。

もつみそうどんの麺
茹でたてのうどんは、
食べごたえのある太麺。
このエッジとネジれが、
コシの強さを物語ります。
啜りごたえも十分ですので、
カフェのうどんと侮るなかれ。
ずずずずーっと、ね。

鯛ちくわ天
うどんの合いの手には、
竹輪天をガブリと。
肉厚でふかふかの鯛ちくわの揚げたては、
それだけで、
立派なご馳走です。

古代米ごはんとおつけもの
セットに付く古代米のご飯は、
奈良の名産で、
おこわのような、
むちむちした食感が楽しめます。
漬物も2種類付いて、
スキのない布陣だ。

ミニワラビ餅
うどんとサイドメニューで、
お腹いっぱいになりますが、
甘いものは別腹。
最後は、
ミニサイズのわらび餅を頂いて、
クールダウンです。

この「もつみそうどんのセット」は、
4月いっぱいで終了するようなので、
食べたい方は、お早めに。

レディースセット
次は、
レディースセットが食べたいなーと、
思いながら帰ってきました。
このメニュー、実は、
男性でも注文できますが、
平日のみの提供で、
数量も限定ですので、
ご注意ください。


『udon and cafe 麺喰 (めんくい)』
  住所:奈良市福智院町1-1
  営業時間:11:00~15:00(LO14:30)、18:00~22:00(LO21:30)(麺切れ終了あり)
  定休日:木曜日
  アクセス:近鉄「奈良」駅から徒歩20分
        JR「京終」駅から徒歩15分
  バスのアクセス:近鉄「奈良」駅からは、3番乗り場のバスがすべて利用可能
            JR「奈良」駅からは、2番乗り場のバスがすべて利用可能
            どちらも、「福智院町」バス停下車、すぐ。
  スタッフのブログ:http://buhidegozaru.blog102.fc2.com/

スポンサーサイト
奈良のうどん | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。