05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
荒木伝次郎
近鉄橿原線「笠縫」駅から、
歩いて10分ほどの『情熱うどん 荒木伝次郎』です。

12月18日の日替わり
訪問した、(去年の)12月18日の
日替わりメニューです。

今頃、去年の話をするのも、
どーかとは思うのですが、
まだ季節が変わってないので、
ぎりぎりセーフなのではあるまいか。

季節限定の牡蠣メニュー
がっつり系の日替わりメニューも
魅力的なのですが、
寒くなると、無性に食べたくなるのが、
こちらの牡蠣限定メニュー。

牡蠣塩バターつけ麺(冷たい麺)
カキフライセットと、
どちらにしようと迷いましたが、
今回は「牡蠣塩バターつけ麺」で。

オーダーを受けてから、
つくり始めるので、
それなりに待ち時間はありますが、
茹でたてのピチピチのうどんは、
また、格別です。

牡蠣塩バターつけ麺のつけダレ
ふわ~と湯気のあがる温かいつけダレは、
濃厚な貝のダシに、
オリーブオイルの香りと
バターのコクが加わった、
和とも洋ともつかない無国籍仕様。
しかし、これが
コシのあるうどんによく合うのです。

麺を半分ぐらいタレにくぐらせて、
ずずずずずーっっと。
もう、理屈抜きに旨い。

牡蠣塩バターつけ麺の牡蠣
ふっくら大粒な牡蠣も
美味しいのですが、
ダシの中で
貝の旨味を存分に吸い込んだ
ネギが、また旨いのです。
陰の主役なのでは、
あるまいか。

牡蠣塩バターつけ麺のうどん(大盛)
冷温を選べるうどんは、
冷たいのをお願いしました。
プリっとした弾力と
のどごしの良さを兼ね備えたうどんは、
食べているうちに、
口に運ぶスピードが、
どんどん加速していって、
あっという間に無くなってしまうので、
麺好きは、
大盛りにしないと後悔しますよ。

牡蠣塩バターつけ麺の割りご飯
うどんを食べてしまったら、
今度は、割りご飯の出番です。

牡蠣塩バターつけ麺のつけダレに割りご飯投入
残ったつけダレに、
ホカホカのご飯を投入して、
温かいリゾットが完成~。

牡蠣塩バターつけ麺のアフターリゾット
うどんに集中すると、
牡蠣が残りがちですが、
最後の〆が豪華になるので、
それも、またよし。

濃厚なダシの旨味を
あますことなく吸い込んだ
コメの旨いこと。
もう絶品です。

荒木伝次郎 牡蠣塩バターつけ麺のレモン片
大盛りのうどんの後で、
リゾットも頂いて、
さすがにお腹いっぱいになりました。
ご馳走様ー。


宴会プラン
うどん食べ放題が付いた
鍋宴会プランなんかもあるようです。
これからの歓送迎会シーズンに
いかがでしょうか。


『情熱うどん 荒木伝次郎』
  住所:奈良県磯城郡田原本町千代43-1パレス千代1階西
  営業時間:11:30~15:00、18:00~21:30(麺切れ終了あり)
  定休日:月曜日(祝日は営業、翌日休み)、水曜日の夜
  アクセス:近鉄橿原線「笠縫」駅から徒歩10分
  ブログ:http://ameblo.jp/denjiroaraki/
  新しいブログ:http://localnavi.net/myblog/r000015/

スポンサーサイト
奈良のうどん | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。