09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
諏訪ノ森~遊
大正時代に建てられた、古いお屋敷を、
カフェや雑貨屋が入居する
複合施設に改装した<諏訪ノ森~遊>です。
場所は、阪堺電車「船尾」駅から、徒歩5分、
南海本線の「諏訪ノ森」駅からは、徒歩10分ほどの、
静かな住宅地。

cafeらるご
その一画にある『cafe らるご』は、
毎日、店とオーナーが入れ替わる日替わり営業のカフェ。
その日によって、カフェだったり、
自然食の店だったり、パン屋だったりするのです。
そこに、粉浜『爽月』の大将のひとり、トントンさんが、
月に2回のペースで出店されるうどん屋が、
『めん処 むく』です。

10月9日のメニュー
先月の1回目の営業日にお邪魔しました。
木曜の営業は、
月替わりの創作うどんがメインですが、
ざるや釜揚げなどの定番メニューも
用意されています。
食後のコーヒー(スイーツ付き)に加えて、
昼間から飲みたい人向けに、
アテやビールなんかも。
何食べようかなー。

缶ビール
迷ったときは、まずビール。
月に2日しか営業しないと云う、
非日常の空間なので、
午前中でも、
罪悪感なく飲めるのが、グー。
グビグビ。

おでん
アテは、セルフのおでん。
大根もあったんですが、
「あー、それは、まだ浅いかも‥」と云われたので、
厚揚げとゴボ天にしました。
この日は、営業の要であるトントンさんの奥様が、
所要で不参加だったので、
バタバタされていたようです。(笑)
はふはふ、うまー。

釜たまB-RS
うどんも来ました。
「釜たまB-RS」は、
「釜玉バター・レッドソース」の略だそうです。
なぜ、略す(笑)?

茹でたての
ホカホカと湯気が上がるうどんに、
バターと生玉子を落とし、
さらに自家製のトマトソースをたっぷり添えた1品は、
見た目、うどんと云うよりパスタチック。
塩加減は抑えめなので、
味を見てから、
好みで醤油をどーぞ、とのこと。

釜たまB-RS混ぜたところ
よーく混ぜて頂くと、
半熟になった玉子が、麺にとろーりと絡みつき、
あっさりしたトマトドースに、
まろやかな口当たりをプラス。
うどんともパスタともつかない、
和洋折衷な感じですが、
なんか旨いぞ。
トマトの優しい酸味が、
ビールを呑んだ後にもハマります。
ずずずーっと。

釜たまB-RSの薬味
途中で、醤油を足したり、
黒胡椒をパラりと振っても、また旨い。
皿に残ったピンクのソースまで、
しっかり完食して、
ごちそうさまー。

今月の『めん処 むく』の営業日は、
明日の11月6日(木)と、
来週の11月11日(火)だそうです。
ご都合のつく方は、ぜひ、どうぞー。


関係無いですが、
11月11日は、全国製麺協同組合連合会が制定した
<麺の日>だそうです。
でも、そんなのうどん屋でも知らんと、
某うどん屋の大将が云ってました。
世間的には<ポッキーの日>ですかねー。


『めん処 むく』
  住所:堺市西区浜寺諏訪森町東3丁319-2
      浜寺諏訪森御屋敷再生複合施設「遊~yu~」内
      「Cafeらるご」に出店
  営業時間:10:00~18:00
  営業日:月に2回(火曜日1回&木曜日1回)
      参照→Cafeらるごの営業カレンダー
  アクセス:阪堺電車「船尾」駅から徒歩3分
        南海本線「諏訪ノ森」駅から徒歩5分
  複合施設「遊~yu~」のホームページ:http://suwanomori-yu.jp/
  大将のブログ:http://blog.goo.ne.jp/tsujimotoyasuhiro

スポンサーサイト
大阪のうどん | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。