09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
はるりん
最寄のJR桜井線「帯解」駅からだと、
歩いて20分ほど。
近鉄やJRの駅がある奈良市の中心部からは、
路線バスで15分ぐらい。
来月に、開店2周年を迎える
『情熱うどん はるりん』さんです。
平日の昼下がり、
ちょっと遅めのランチを食べに来ましたー。

4月10日の日替わり
これも4月の話なので、
メニューにはカキフライが健在でしたが、
さすがに、もう提供は、
終わっていると思います。
念のため。

ランチメニュー
今年の4月から、少しメニューが変わったみたいです。
お得なランチセットにしようかなーと
メニューを見ていたのですが、
「とり天ぶっかけ」×「ミニカツ丼」って、
前からありましたっけ。
ちなみに、ミニが付いていても、
あまりミニではないことは、
現物を見なくても、予想できます。
しかも、うどん大盛り無料って、
どれだけ食べるんですか。
やっぱり奈良は、がっつりやなー。

わたしは、そんなに食べられないので、
「とり天ランチ」にしようか。
こちらの、水で〆た麺が好きなので、
セットのうどんは冷たいので、
と心づもりをしていたのですが、
注文を取りにきた女将さん、
声を潜めて、
「今日は、ありますよ」

聞いてしまったら、
頼まない訳にはいかないじゃないですか。
なにかも分からないまま、
こちらも、声を潜めて、
「じゃあ、それを‥」

この性格で、
損をしてるのかなーとも思いますが、
多分、いい思いも、
しているはずなので、
ヒフティー・ヒフティーでしょうか。

ベーコンとキノコのクリームうどん
10分ほどたって、来ましたー。
まわりはクリームソースかな、
スープパスタみたいな盛り付けで、
彩りもきれい。
正式名称が分からないので、
「ベーコンとキノコのクリームうどん」(仮称)と
しておきましょう。
師匠筋にあたる
大阪・中津の『情熱うどん 讃州』が、
秋冬に期間限定でリリースしていた
「クリームうどん」のアレンジ版のようです。
上にトッピングされている、
花カツオのようなものは、揚げたゴボウ。
では、いただきまーす。

ベーコンとキノコのクリームうどんアップ
まろやかな味わいのクリームソースの中には、
大きなベーコンと、
エノキ、シメジ、エリンギなどの
キノコがたっぷりと。
具材はあまり煮込まず、
軽い火入れで仕上げているので、
それぞれのキノコの
味わいや食感の違いがよく分かります。
ベーコンもジューシーで旨い。

しかし、一番強烈だったのは、
トッピングの揚げゴボウ。
うすーく、うすーく削ったゴボウを、
油でサクっと揚げたものですが、
口に入れると、ハラリと崩れて、
濃厚なゴボウの風味と、
フライの香ばしさが
口いっぱいに広がります。
これは、旨い。
旨すぎるー。

もしかしたら、揚げる前に、
ゴボウを干し野菜にして、
水分を飛ばしたり‥もしているのかもしれません。
それぐらい濃厚な味なんです。
うどんのトッピングもいいですが、
これ、単品でアテとして
置いてくれないでしょうか。
これさえあれば、
里の曙が、なんぼでも呑めそうです。

キノコ好き、ゴボウ好きは、
絶対に食べたほうがいい
「ベーコンとキノコのクリームうどん」(仮称)でした。
温かい麺は、
水で〆た冷たい麺にくらべると、
少しやさしいコシで、
それが、
とろみのあるクリームソースにマッチして、
美味しかったです。

でも、次回は、
冷たいうどんが食べたいなー。


『情熱うどん はるりん』
  住所:奈良市北之庄町17-4
  営業時間:11:30~15:00、18:00~21:30(麺切れ終了あり)
  定休日:水曜日
  アクセス:JR桜井線「帯解」駅から徒歩20分
  バスのアクセス:
      近鉄奈良駅(JR奈良駅からも可)から、
      奈良交通の路線バス、「シャープ前」行き、
      または「白土町」行きに乗車。
      「永井町」バス停で下車、徒歩1分。詳細は→こちら

スポンサーサイト
奈良のうどん | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。