05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
麺喰
奈良ホテルの南側、
夜は静かな住宅地に佇む『うどん&カフェ 麺喰』さんです。
「近鉄奈良」駅からは、
徒歩で20分、
路線バスなら10分ほどの距離。
3月の末の平日に、
仕事帰りに晩御飯を食べにきましたー。

入店して、びっくり。
模様替えをされたようで、
入り口の土間が、
ウェイティングスペースになり、
カウンター席も増設されています。

しっぽくうどんのsetメニュー 春レディースsetメニュー
単品のうどんもありますが、
限定ものに弱いので、
つい期間限定のセットメニューを
頼んでしまいます。
このうち、「しっぽくうどん」のセットは、
もう終売になったようですので、
ご注意ください。
なにせ、1ヶ月前の話なので‥。

しっぽくうどんのset
新設されたカウンター席に陣取って、
のんびり待っていますと、来ましたー。
「しっぽくうどんのset」です。
たこちくの天ぷら、古代米のご飯と漬物、
小さなデザート付き。

しっぽくうどん
「しっぽくうどん」には、
いろんなタイプがありますが、
こちらのは、根菜類をダシで煮込んだ
野菜がたっぷり食べられる一杯。
大根、ニンジン、サトイモ、コンニャクに、
豚肉も入って具沢山です。
汁気が少なめなのも特徴で、
具材の旨みが溶け込んだ濃厚なダシが、
トローっと、うどんにからむのが、
もう、たまりません。

くうどんの麺
今回、1番驚いたのは、
麺が変わっていたこと。
前に食べたときは、
釜抜きだったと思うのですが、
今回は、水で〆た麺に変わっていました。
釜抜きのうどんの
熱々&ムチムチが好きだったのですが、
水で〆た麺は、
とーっても、のど越しが良くて、
これはこれで悪くない。
ずずずーっと。

ついでに云うと、
舌を火傷する心配もないし(笑)。
釜抜きのうどんで、
舌を焼いたことは、数知れず‥。
もしかしたら、
食べるの下手なのかも。

たこちく天ハーフ
うどんのお供は、
観音寺から取り寄せる<たこちくわ>の天ぷら。
見た目は、<鯛ちくわ>と変わりませんが、
歯ごたえの弾力係数が段違い。
ムッチムチです。
もちろん、スーパーの安売りの竹輪とは、
まるで別物。
ありがたく、頂きます。

古代米ごはんとおつけもの
奈良のご当地メニューでよく使われる
古代米のごはんは、
もち米のような口当たり。
あっさりした昆布の佃煮や、
カリカリした食感が楽しい漬物と
いっしょに頂きます。
主食というより、
うどんの箸休め的な感じでしょうか。
ホッとする味です。

ミニ抹茶ババロア
最後は、抹茶のババロアで〆て、
いい具合に満腹です。
ご馳走様ー。

営業時間
営業時間はこちら。
駅から少し遠くて、車が便利な立地ですが、
駐車場も4台分あります。
期間限定のメニューなどの情報は、
スタッフのブログをチェック。


『udon and cafe 麺喰 (めんくい)』
  住所:奈良市福智院町1-1
  営業時間:11:00~15:00(LO14:30)、18:00~22:00(LO21:30)(麺切れ終了あり)
  定休日:木曜日
  アクセス:近鉄「奈良」駅から徒歩20分
        JR「京終」駅から徒歩15分
  バスのアクセス:近鉄「奈良」駅からは、3番乗り場のバスがすべて利用可能
            JR「奈良」駅からは、2番乗り場のバスがすべて利用可能
            どちらも、「福智院町」バス停下車、すぐ。
  スタッフのブログ:http://buhidegozaru.blog102.fc2.com/

スポンサーサイト
奈良のうどん | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。