07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

キムラ君 釜ひろ@鶴ヶ丘

2017/08/17 Thu 00:12

釜ひろ
JR阪和線「鶴ヶ丘」駅のすぐそば、
『釜ひろ』さんです。
休日に、昼ごはんを食べに来ました。
割と、お久しぶりー。

いつもなら、
「ぶっかけうどん」+「れんこん天」の組み合わせが、
定番なのですが、
たまには、浮気したい時だってあります。
この日は暑かったこともあり、
さっぱりしたものを食べたくて、
「キムラ君」を指名。

キムラ君
しばし待って、来ましたー。
ありゃ?
なんか思っていたのと違います。
知らないうちに、
リニューアルされていたとは‥。
これはサプライズだ。


キムラ君鳥瞰
ちなみに、これが以前の「キムラ君」。
冷たいうどん+豚しゃぶ+キムチ+食べるラー油、
ここまでは同じですが、
味付け玉子のトッピングが、温泉玉子に替り、
刻んだアゲと貝割れ菜は、
どこかへフェードアウトした模様。

キムラ君ズームアップ
真ん中の温泉玉子が、
まるで豚しゃぶの雲に包まれた
月の様ではありませんか。
紅白のツートーンが、
黒い皿によく映えて、
これはなかなか旨そうだ。

キムラ君の麺
茹でたてを冷水でキューっと〆た
ピチピチのうどんは、
そのまま食べても美味しいので、
あれやこれやを絡めてしまうのは、
ちょっと、もったいないのですが、
これは、やはり混ぜて食べるものだろうと‥、
葛藤しつつも、恐ろしいもので、
なんか勝手に手が動きます。
まぜまぜ。
薬味の青ネギとショウガも入れて、
半熟玉子とラー油が全体が絡むように、
よーく混ぜて、頂きます。

キムラ君混ぜたところ
ラー油の辛みが中和されて、
まろやかにな味わいになるのかな、と思ったのですが、
案に反して、
黄身の風味が、濃い、濃い、濃厚~。
カルボナーラに、
アラビアータを放り込んだら、
こうなるのではないかという、
特濃の一皿が完成したのでした。

期待したさっぱりとは、
真逆な方向性でしたが、
この濃厚さは、ちょっとクセになるかも。
酸味のあるキムチが、
口の中をチョロチョロする感じも、
いいアクセント。
もう、一気に完食して、
ご馳走様ー。


『釜ひろうどん』
  住所:大阪市東住吉区山坂5-2-27
      ジョイフル鶴が丘1F
  営業時間:11:00~14:30 17:00~20:30(LO20:00)
  定休日:火曜、第3月曜日  ※8月21日~23日は夏季休暇
  アクセス:JR阪和線「鶴ヶ丘」駅から、徒歩1分
        or大阪地下鉄「西田辺」駅から、徒歩7分

スポンサーサイト
大阪のうどん | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。