04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
やまぶき家
阪急宝塚線「豊中」駅から、
高架沿いに歩いて5分ほどの
『空飛ぶうどん やまぶき家』さんです。
仕事帰りに、晩御飯を食べに来ましたー。

メニュー表
メニュー裏
名物のつけ麺もいいのですが、
この日はなぜか、
「かけうどん」モードだったので、
トッピングをどうするか、
しばし迷ってから、
いちばんシンプルな「かけうどん」をオーダー。

その分、ご飯ものはゴツイ感じでと、
「とり天マヨごはん」を追加して、
バランスをとります。
こちらは、ご飯ものも美味しいのだ。

やまぶき家 かけうどんととり天マヨごはん
しばらく待って、来ましたー。
茹でたてのうどんと、
揚げたてのとり天がコラボした、
「かけうどん」と「とり天マヨごはん」です。

かけうどん
さっそく、丼を持ち上げて、
とぅるるるるるーっとね。
ぷりっとした麺が、
気持ちよく喉を通っていきます。
すっきりしたダシも旨いね。

以前より、麺が細くなった気がしたので、
大将に訊いてみると、
「今は、粉が○○○なので、
△△△を×××していて、
それで、麺が細めになっています」とのこと。
話が専門的なので、
うまく理解できませんでしたが、
とにかく細麺好きの方は、
今が狙い目ですよ。

とり天マヨごはん
「とり天マヨごはん」は、
茶碗にぎゅーっと詰めたご飯の上に、
一口サイズのとり天を
ぎっしりと並べて、
さらにマヨネーズを雨あられ。
お世辞にもヘルシーとは云えませんが、
たまに無性に食べたくなる時が
あるんですよね。

竹輪天
旧知の大将が、
竹輪天をおまけしてくれました。
わーい。
これも揚げたて、
がぶりと噛み付くと、
竹輪がふかふかで旨い。

シンプルなメニューが美味しいのは、
いいお店だなーと思います
かけうどんのダシを飲み干して、
ご馳走様ー。


『空飛ぶうどん やまぶき家』
  住所:大阪府豊中市岡上の町2-2-5
  営業時間:11:30~14:30、17:30~23:00
  定休日:月曜日(祝日の月曜は営業、翌日の火曜休み)
  アクセス:阪急宝塚線「豊中」駅から徒歩5分

スポンサーサイト
大阪のうどん | コメント(0) | トラックバック(0)
明けまして、おめでとうございます。

すっかりサボり癖がついた当ブログですが、
たまーに、思い出したように更新します。


爽月
2017年のうどん始めは、
粉浜商店街の『爽月』さんへ。
正月3日に営業している貴重なお店です。

13時半の入店でしたが、
店内は満席状態で、その後すぐに麵切れ、
営業終了となりました。
人気です。さすがー。

新年のおしながき
こちらが、新年の特別メニュー。
縁起のいい「年明けうどん」もありますが、
せっかくなら、冷たい麵が食べたいので、
「とり玉天ぶっかけうどん」を。
酉年だし。
あっ、昼から<日本酒>も頼んでいいんだ。
ラッキー。

振る舞い酒(獺祭)&アテ
とは言え、満席状態で、
厨房の大将たちも忙しそうですので、
呑むのは後回しにして、
おとなしく、席でうどん待ちをしていると‥、
隣席のお客さんが、
指をさして教えてくれました。
「あそこに、お店からの振る舞い酒がありますよ。」

席から見えない場所だったので、
気付かなかったのですが、
カウンター席の隅に、
日本酒と簡単なアテが用意されていて、
セルフで取っていいそうです。
わーい。

日本酒は、獺祭50、
アテは、イカ人参&お揚げ入りの紅白なます、
ありがたく頂きます。
明るいうちから呑む酒の旨いことよ。

とり玉天ぶっかけうどん(新年バージョン)
うどんも来ましたー。
普通の「とり玉天ぶっかけ」では無く、
鶏肉と半熟玉子の天ぷら以外にも、
芋天、梅干し、椎茸、竹の子、松竹梅のかまぼこが入った、
なんともゴージャスな新年仕様。
主役のうどんも、茹でたての〆たてで、
一気に啜ると、のど越しがもう最高だ。
ずずずずずーっとね。

とり玉天ぶっかけうどん(新年バージョン)アップ
しかし、このかまぼこや竹の子や梅干しを、
ただ、うどんのおかずとして、
食べてしまっていいものか‥?
それは、正月から、
あまりにもったいないのではないか、
という疑問から、
ここは、やはり、
酒による援護が必要であるという結論に
達したわけで‥。

燗酒 大七きもと
客席も落ち着いてきていたので、
大七生酛の<ぬる燗>をオーダー。
うん、これだ。
うどんのダシが染み込んで、
揚げ出し状態のとり天がまた、
いいアテになるんです。
旨いなー。


昼間から、美味しいうどん、
美味しい酒、美味しいアテを満喫して、
いい正月になりました。
御馳走さまー。




『爽月 (そうげつ)』
  住所:大阪市住之江区粉浜2-11-3
  営業時間:11:30~15:00(LO14:30)、17:30~21:00(LO20:30)
  定休日:木曜日
  アクセス:南海本線「粉浜」駅から徒歩1分
       大阪地下鉄「玉出」駅から徒歩10分
  ホームページ:http://www6.ocn.ne.jp/~udon83/

※.明日からの営業予定
  1月4日、11時半~夕方まで(麵切れ終了の場合あり)
  1月5日、定休日。
  1月6日から、通常営業。


大阪のうどん | コメント(0) | トラックバック(0)
真打
大阪地下鉄・長堀鶴見緑地線の終点
「門真南」駅から、歩いて5分ほど。
バシッとしたコシのうどんで、
気合を入れたいときにお邪魔する、
『三ッ島 真打』さんです。

昼は、11時半からの営業ですが、
11時の時点で、
すでに待合室が満員です。
時間にならなくても、
準備が出来次第、開店されるので、
とりあえず、
待ちの名簿に名前を記入して‥、

本日のスペシャル黒板 ODS黒板
待つあいだに、
本日のスペシャルメニューをチェック。

名前からして気合い入りまくり、
とり天、山芋キムチ、パイン入の
「愛と泪の大阪・魂・スペシャル」なんてのも、
ありますが、
いちど、ひや汁を食べてみたかったので、
今回は、店長おすすめ!の②で。

牛すき肉のピリ辛ひや汁うどん
開店と同時に、
ちゃきちゃきしたおねーさんたちが、
客を席に誘導&注文取り、
熟練のオペレーションは、圧巻の一言。
早く来ていたお客さんには、
すぐに、うどんが運ばれ始め、
たぶん20番手ぐらいだった
わたしのところにも、
10分ほどで、うどんが到着~。
「牛すき肉のピリ辛ひや汁うどん」です。

牛すき肉のピリ辛ひや汁うどんアップ
味噌仕立ての冷たいダシには、
根菜、コンニャク、練り物などが、
煮込まれていて、
それだけでもボリューム満点ですが、
さらに温かい牛すき肉を
トッピングすると云うトゥーマッチぶり。
小ライスも付いているので、
これは、お腹いっぱいになりそうだ。

牛すき肉のピリ辛ひや汁うどん麺リフト
胡麻がたっぷり入った
濃厚なダシが、
コシのあるうどんによく合うなー。
ピリっと辛い香味油が
食欲をそそって、いーね。
ずずずずーっと。

牛すき肉乗せライス
しっかりした味付けのひや汁は、
白ご飯のおかずとしても優秀ですが、
あえて、
ライスにトッピングの牛すき肉を乗せて、
牛丼風にしてみたりして。
これも(当然)旨い。

うどんと牛丼を、ざざっとかき込んで、
ちょうど満腹になりました。
ご馳走様ー。


『三ツ島 真打』
  住所:門真市大字三ツ島772-3
  営業時間:11:30~15:00、18:00~20:00
      (麺無くなり次第終了)
      (昼営業で麺切れの場合、夜営業無し)
  定休日:月曜日
  アクセス:大阪地下鉄「門真南」駅から徒歩10分

大阪のうどん | コメント(0) | トラックバック(0)

天おろし ゆきの@西田辺

2016/06/30 Thu 19:38

ゆきの
大阪地下鉄御堂筋線の「西田辺」駅や、
JR阪和線の「南田辺」駅から、
少し歩いたところ。
地元の人なら、シャープ本社(今のところ)の
近くと云うのが分かりやすいでしょうか。
南港通りに面したうどん屋、
『ゆきの』さんです。

えーと、何年ぶりでしょうか。
たまたま、前を通りかかったら、
のれんが出ているのに(=営業中なのに)
お客さんの行列ができていない。
おお、これはラッキーと、
さっそく入店しました。

夜営業がスタートしたばかりの時間帯でしたが、
すでにテーブルは半分埋まっていました。
後からも、次々にお客さんが来て、
すぐに満席状態に。
本当に、たまたま、
タイミングが良かったようです。
カウンターの隅に陣取って、
さて、何を食べようかな。

メニュー表
メニュー裏
メニューを表裏、ささっと吟味。
かやくごはんがついた定食や
鍋焼きうどんも魅力的ですが、
やっぱり、冷たい麺が食べたいので、
ここは「天おろし」かな。

カウンターに座ると、
厨房の中で、すべての調理を
ひとりでこなすご主人の
舞うような動きに、目を奪われます。
釜の前にいたと思ったら、
天ぷらを揚げ、丼を仕上げ、
また釜の前に戻って、
合間には製麺機を動かす‥、
もう、無形文化財に登録するべきです。

なんか見とれているうちに、
うどんが出てきた(笑)。

天おろし
氷水でキュッと〆た冷たいうどんに、
揚げたての天ぷらを盛り込んだ「天おろし」です。
すいません、写真のアングルが悪いせいで、
見切れていますが、
野菜天の背後には海老天がそそり立ち、
さらにその陰には、
海苔天も潜んでいるという充実ぶり。
たっぷり添えられた大根おろしも、うれしいな。
では、いただきまーす。

天おろしアップ
麺は太めで、
しっかり食べ応えがありながら、
しなやかなコシと、
なめらかな口当たり。
小さいお子さんからお年寄りまで、
食べる人の性別年齢を問わない
皆に愛されるうどんです。
行列が出来るわけだ。

すっきりしたぶっかけダシと
大根おろしの効果で、
たっぷりの天ぷらもペロリと食べられて、
後味がいいのも、
人気の理由かと思いながら、
箸を動していると、
いつの間にか、器が空に。
美味しいものは、はかないものですね。
はぁ‥。

ご馳走様でしたー。

営業時間変更
7月より(つまり明日から)、
定休日や営業時間が変更になるそうです。
訪問予定の方は、
どうぞ、ご注意ください。


『ゆきの』
  住所:大阪市東住吉区山坂3-10-14
  2016年7月1日からの営業時間:
      (水・金・土・日)11:00~14:00
      (火・木)11:00~14:00、17:30~19:00
  2016年7月1日からの定休日:月曜日、祝日
  アクセス:大阪地下鉄御堂筋線「西田辺」駅から徒歩7分
        JR阪和線「南田辺」駅から徒歩7分

大阪のうどん | コメント(2) | トラックバック(0)
やまぶき家
阪急宝塚線「豊中」駅から歩いて5分ほど、
カフェのような白い壁で、
外観からはうどん屋とは分かりにくい、
『空飛ぶうどん やまぶき家』です。
お隣は、ラーメンの『麺哲』さん。

やまぶき家 とり天とビール
冷たいビールが美味しい季節になりました。
店名にもなっている、
山吹色のカウンターに陣取って、
まずは、瓶ビール。
アテにはとり天を。

とり天
揚げたてのとり天は、
衣がさっくり、肉はジューシー。
熱々のところをカレー塩で頂くと、
ビールに合いまくり。

豚バラの肉汁つけ麺
ビールが1本空いたところで、
うどんも登場。
冷たいうどんを温かい肉汁に付けて食べる
「豚バラの肉汁つけ麺」です。
ふわっとダシのいい香りがして、
見るからに旨そう。

旧知の大将が、
竹輪の天ぷらをおまけしてくれました。
ありがとうございますー。

豚バラの肉汁つけ麺のうどん
茹でたて、〆たて、
ムチムチでツヤツヤのうどんを見ると、
ついつい、なにも付けずに、
そのままを食べてしまいたくなります。
まずは欲望のままに、
ずずずずーっと。

あ、違った。
こちらのうどんは、関西有数の長ーい麺なので、
ずずずーっと行って、
そのまま、ずずずずーっと戻ってくる、
ロングな喉越しが楽しめます。

豚バラの肉汁つけ麺の肉汁
豚バラ肉がたっぷり入った肉汁は、
食べ応えも十分。
ダシで煮込まれて、
とろーり甘くなった白ネギと、
トッピングのしゃきしゃきした青ネギ。
この2種類のネギもたまらん。
そのままの麺を楽しんだ後は、
肉汁にうどんを浸けて、
ずずずずーー、ずずずずーっとね。
これまた、旨い。

後半は、ダシに七味を振ると、
味がピリッとしまって、
また美味しく頂けます。

豚バラの肉汁つけ麺のうどんアップ
たっぷりの麺も、瞬く間にぺろり。
大盛りにすれば良かったかなーと、
少し後悔しました。
暑くなってくると、
ついビールを頼んでしまうのですが、
うどんの大盛りと、どちらにするか、
悩むところです。
両方は、さすがに多いしなー。


『空飛ぶうどん やまぶき家』
  住所:大阪府豊中市岡上の町2-2-5
  営業時間:11:00~14:30、17:30~24:30
  定休日:月曜日
  アクセス:阪急宝塚線「豊中」駅から徒歩5分

大阪のうどん | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »