05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
やまぶき家
阪急宝塚線「豊中」駅から、
高架沿いに歩いて5分ほどの
『空飛ぶうどん やまぶき家』さんです。
仕事帰りに、晩御飯を食べに来ましたー。

メニュー表
メニュー裏
名物のつけ麺もいいのですが、
この日はなぜか、
「かけうどん」モードだったので、
トッピングをどうするか、
しばし迷ってから、
いちばんシンプルな「かけうどん」をオーダー。

その分、ご飯ものはゴツイ感じでと、
「とり天マヨごはん」を追加して、
バランスをとります。
こちらは、ご飯ものも美味しいのだ。

やまぶき家 かけうどんととり天マヨごはん
しばらく待って、来ましたー。
茹でたてのうどんと、
揚げたてのとり天がコラボした、
「かけうどん」と「とり天マヨごはん」です。

かけうどん
さっそく、丼を持ち上げて、
とぅるるるるるーっとね。
ぷりっとした麺が、
気持ちよく喉を通っていきます。
すっきりしたダシも旨いね。

以前より、麺が細くなった気がしたので、
大将に訊いてみると、
「今は、粉が○○○なので、
△△△を×××していて、
それで、麺が細めになっています」とのこと。
話が専門的なので、
うまく理解できませんでしたが、
とにかく細麺好きの方は、
今が狙い目ですよ。

とり天マヨごはん
「とり天マヨごはん」は、
茶碗にぎゅーっと詰めたご飯の上に、
一口サイズのとり天を
ぎっしりと並べて、
さらにマヨネーズを雨あられ。
お世辞にもヘルシーとは云えませんが、
たまに無性に食べたくなる時が
あるんですよね。

竹輪天
旧知の大将が、
竹輪天をおまけしてくれました。
わーい。
これも揚げたて、
がぶりと噛み付くと、
竹輪がふかふかで旨い。

シンプルなメニューが美味しいのは、
いいお店だなーと思います
かけうどんのダシを飲み干して、
ご馳走様ー。


『空飛ぶうどん やまぶき家』
  住所:大阪府豊中市岡上の町2-2-5
  営業時間:11:30~14:30、17:30~23:00
  定休日:月曜日(祝日の月曜は営業、翌日の火曜休み)
  アクセス:阪急宝塚線「豊中」駅から徒歩5分

スポンサーサイト
大阪のうどん | コメント(0) | トラックバック(0)
上方日本酒ワールド2017 公式ガイドブック
5月4日に大阪天満宮で開催された
上方日本酒ワールド2017に行って来ました。
受付で、チケットと引き換えに
特製の猪口とガイドブックを入手して、
いざ、会場へ。
晴天に恵まれたこともあり、
場内は、大勢の日本酒ファンで、
朝から大盛況でした。
通路にまであふれる人をかきわけて、
目当ての屋台へGO!

会場内での移動には、
細心の注意が必要です。
なぜかといえば、
誰かと身体が当たると、
せっかく購入した酒が
グラスからこぼれてしまうから。
自分も含め、
会場内にいるのは酔っ払いばかりですから、
難易度は高めです。
慎重かつ大胆に、進むべし。

上方日本酒ワールド3017 きぬ川&津島屋
<きぬ川 海老と湯葉の小うどん>&
<津島屋 純米瓶囲い 播州産山田錦 25BY>
朝ごはん抜いてきたので、
まずはおなかに温かいものを入れようと、
うどんでスタートです。
なんといっても、ダシが旨い。
トッピングの蓬麩や湯葉も、
いいアテになります。
そして、朝から呑む日本酒は、
やっぱり格別だ。

上方日本酒ワールド3017 吉兆&山形正宗
<吉兆 庄内アスパラ昆布巻き&穴子煮>&
<山形正宗 純米吟醸 雄町 斗瓶取り26BY>
続きまして、
これは絶対食べたいと狙っていた
吉兆さんのアスパラと穴子。
想像していた黒い昆布巻きとは、
まったく違う料理でしたが(笑)、
アスパラのグリーンと
爽やかな歯ざわりに春を感じました。
穴子も舌の上でとろけます。
これで呑まなくてどうしますか。ぐびぐび。

上方日本酒ワールド2017 裏仙介
<裏仙介 大吟醸おりがらみ 無濾過生原酒3割5分磨き>
屋台の日本酒や料理は、
セット売りだけでなく、ソロでの購入も可能なので、
薄にごりの酒を買ってみました。
やわらかい風味の酒が、
するするーっと喉を通って、これもいい。

食欲が湧いてくるというか、
エンジンがかかった感じがします。
さて、次の屋台はどこにしようか‥。

上方日本酒ワールド2017 柳‘S&ひこ孫
<柳‘S 漢方肉骨茶(バクテー)singapore Style>&
<ひこ孫 常温3年以上熟成>
初めて食べたパクテーですが、
見た目よりもあっさりしていて、
日本酒がぴたり。
肉(骨付き!)はももちろん、
サイドの大根がまた旨い。
屋台のスタッフさんに、
パクチー好きといったら、
多めに入れてくれました。
にこにこ。

上方日本酒ワールド2017 華音&杉錦
<華音 ふじのすそのポーク黒酢酢豚>&
<杉錦 上方日本酒ワールドSP>
酢豚にも、日本酒なのか!
熟成された酒が、
豚肉の脂や濃厚な甘酢あんに
見事にマッチするのは、
お見事としか言いようがありません。

上方日本酒ワールド2017 かんすけ&辨天娘
<かんすけ 鴨メンチカツ>&
<辨天娘 天満宮 スペシャルブレンド>
体重が気になる昨今、
揚げ物に手を出すのは
やめようと思っていたのですが、
ついつい食べてしまった鴨のメンチカツ。
中からあふれる肉汁の旨みがすごい。
そして、辨天娘の燗酒が、
じわっと喉に染み込んでいく、
この幸せ。

上方日本酒ワールド2017 大阪まんぷく堂&ロ万
<大阪まんぷく堂 坂越の牡蠣 スモーク ジャガイモのピュレ>&
< ロ万 純米吟醸>
素朴な味わいのポテトに、
ほっこりしていると、
不意打ちのように、
牡蠣の風味とスモークの香りが、
押し寄せてくる、
旨みの爆弾的な一品。
そして、それを、
しれっと受け止める日本酒よ。
もう惚れてしまいそう。

上方日本酒ワールド2017 天満橋
この辺で、まあまあ満腹になって、
酔いも回ってきたので、
会場を出て、川のほうへぶらぶらと。
天満橋からのいい眺め。

しばらく時間をつぶして、
おなかも落ち着いてきたので、
さて、2回戦。
ピークが過ぎて少し落ち着いた
午後1時過ぎの会場に戻ってきました。
コロッケや春巻きなど、
一部の料理が売り切れになっていましたが、
まだまだ販売中の屋台も多く、
全屋台制覇!を狙うのでなければ、
この時間からでも、
十分楽しめそうです。
さて、どこへ行こうか。

上方日本酒ワールド2017 えんや&扶桑鶴
<えんや 焼き鳥盛り合わせ>&
<扶桑鶴 特別純米>
午前中は長い行列ができていた
一番奥のエリアも、
この時間なら近づけそうです。
まずは、焼き鳥から。
セットでワンコインという
衝撃価格に、まずびっくり。
2種類ついてくる串は、
肉が大きくて食べ応えあり。
がぶりと噛みついて、
口の中に肉汁があふれたところで、
酒をぐびり。
これは気持ちがいい。
焼き鳥にはビールと思っていましたが、
くるりと、くつがえされました。

上方日本酒ワールド2017 青二才&竹雀
<青二才 駿河直送★ サバの熟成みりん干し>&
<竹雀 上方限定スペシャ>
干物×日本酒の組み合わせに
間違いがあるはずもないのですが、
これはスペシャル。
鯖には酒が、酒には鯖が、
必要不可欠だと思わせます。
箸の先からじわりと染み出す魚の脂を、
酒でぐっと流す。
なんて、幸せなんだ。

上方日本酒ワールド2017 かむなび&蒼空
<かむなび 桑名ハマグリとアオサノリ ・アスパラガスの卵蒸し>&
<蒼空 純米吟醸 山田穂>
お菓子のような
かわいいルックスとは裏腹に、
濃厚すぎるほど濃厚なハマグリの風味が、
ハードコアな一品。
これを食べるにあたっては、
絶対に日本酒が必要だと断言できます。
白米やお茶では、
とても太刀打ちできないやろー。


この辺で
コーヒーが飲みたくなりまして、
会場を出て、しばし休憩。
戻ってきたのが、午後3時。
この時間になると、
人出も落ち着いて、
まったりと酒と肴を楽しんでいる方が
多いように見受けられました。
休憩所のテーブルも、
ゆったりと使えます。

上方日本酒ワールド2017 櫓仁&玉櫻
<櫓仁 煮筍の醤油あぶり>&
<玉櫻 生酛純米 五百万石 殿仕様 27BY>
通りかかったら、
「後、10食で終わりですよー」の声、
これは食べるしかないでしょう。
おダシで炊いた筍を、
その場で香ばしく炙って、
さらに木の芽をトッピング。
これに日本酒をぐびっと呑めば、
もう最高です。
筍のダシが添えてありましたが、
旨いものづくしの中で、
このあっさりしたダシがまた、
身体に染みるんだ。

上方日本酒ワールド2017 二世古
<二世古 純米吟醸原酒 26BY 吟風50%>
日本酒のソロショットは、
酒の色ぐらいしか違いがないので、
どこのものか分からなくなりがちですが、
これは、確か北海道のお酒です。
美味しかったことしか覚えていません‥。

上方日本酒ワールド2017 なかむた&大地
<なかむた 博多水炊き風鶏 つくねスープ>&
<大地 純米>
北海道と来たら、
次は九州にも行っておきたいと、
福岡発のこちらの屋台へ。
滋味深いつくねのスープは、
〆にぴったり。
と云いつつ、まだ呑んでしまうのは、
この酒が旨いからです。
ぐびぐび。

上方日本酒ワールド2017 燗の美穂&竹鶴
<燗の美穂 牡蠣と春キャベツの がらーじ麺焼きそば>&
<竹鶴 生酛純米>
ラストは濃いのが呑みたいなー、
と思っていたら、
ちょうどこちらの屋台で、
タイムセールが始まりました
焼きそばを値引きしてくれるというので、
〆酒は竹鶴に決定。
この焼きそば、牡蠣とキャベツの他に、
スライスしたレモンが入っていて、
皮のほろ苦さが、なんとも大人味。
燗酒にも合いまくりの
まさに肴になる焼きそばでした。
最後は、ぐびっと酒を飲み干して、
ご馳走様ー。

結局、この日は、
午前10時から午後4時まで、
会場をうろうろしていました。
こうして振り返ると、
いささか食べ過ぎですが、
まあ楽しかったから、
いいや。


大阪浪花家 氷あずき
日本酒を呑んだ後は、
アイスやかき氷が食べたくなるので、
大阪天満宮から、
ほろ酔いのふわふわした気分で、
中崎町まで歩いていって、
『大阪浪花家』で「氷あずき」を食べて、
帰宅しました。

雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

豚つけうどん 虹や@瀬田

2017/05/14 Sun 23:44

虹や
JR東海道本線「瀬田」駅の南口を出て、
線路沿いに東へ進むこと、1分のところにオープンした
『手打ちうどん 虹や』さんへ。
お店の前のサイクルラックが目印ですよ。

店頭黒板
春らしく、山菜のメニューも
スタンバイしているようですが、
何を食べようかなー。

メニュー表
この4月にオープンされたばかりですが、
うどんメニューは豊富。
トロトロの牛すじにも惹かれますが、
ここは、麺そのものの味が分かる
うどんにします。

メニュー裏
店内は、カウンターと
大小のテーブルがひとつずつ。
うどん屋というより、
カフェかバルのような内装。
最近は、こういうお店も多いですね。
こちらでは、製麺機の手を借りない
完全手打ち、手切りのうどんが
食べられるようです。楽しみ。

豚つけうどん
しばし待って来ましたー。
お店おすすめの「豚つけうどん」。
せっかくなので半玉増しの<大盛り>で。
冷温選べるうどんは、
冷たいのをお願いしました。

豚つけうどんのつけダレ
温かい付けダシは、
甘辛い味付けで
薄切りの豚肉と茄子、茸が
たっぷり煮込まれています。
食べてみると、
ダシや具材の風味を、
生姜がピリッと引き締めていて、
これは旨いわー。

豚つけうどんの麺アップ
手切りらしく、
少し太さにばらつきがあるうどん。
ダシに付けて、
ずずずずーっと啜ると、喉越し良好。
そして、麺が長い、
一回で、二度啜れます。
ずずずーっと行って、
ずずずーっと戻ってくる、この感じ。
気持ちのいい喉越しが、たっぷり味わえてグー。
ダシに付けずに、そのまま食べても、
ムニムニして旨い。

豚つけうどんの麺完食
ノンストップで
うどんを完食したところで‥、

釜湯
なにやらカフェっぽいカップで、
うどんを湯がいた釜のお湯が登場。
蕎麦湯ならぬ、うどん湯で、
残ったダシを割って頂くのです。

豚つけうどんのつけダレ釜湯割り
熱々の釜湯で割ったダシは、
素朴な味わい。
ふーふーしながら頂けば、
気分もほっこりだ。

豚つけうどん完食
最後はストレートの釜湯を
ぐぐっと飲み干して(すいません、つい)。
お腹も満足です。
ご馳走さまー。

ショップカード表 ショップカード裏
(クリック拡大)

次回は、牛すじや
天ぷらのうどんも食べてみたいです。
日本酒も置いているようなので、
昼呑みもできるのかな?
JRだと、大阪から1時間弱でいけます。
もちろん、脚力に自信がある方は、
自転車でどうぞ。


『手打ちうどん 虹や』
  住所:滋賀県大津市大萱1-18-2 瀬田大昭ビル 1F
  営業時間:11:00~16:30(売切れ次第 終了)
  定休日:日曜日
  アクセス:JR東海道本線「瀬田」駅から徒歩1分
  ホームページ:http://nextreme-j.wixsite.com/nijiya

滋賀のうどん | コメント(0) | トラックバック(0)
明けまして、おめでとうございます。

すっかりサボり癖がついた当ブログですが、
たまーに、思い出したように更新します。


爽月
2017年のうどん始めは、
粉浜商店街の『爽月』さんへ。
正月3日に営業している貴重なお店です。

13時半の入店でしたが、
店内は満席状態で、その後すぐに麵切れ、
営業終了となりました。
人気です。さすがー。

新年のおしながき
こちらが、新年の特別メニュー。
縁起のいい「年明けうどん」もありますが、
せっかくなら、冷たい麵が食べたいので、
「とり玉天ぶっかけうどん」を。
酉年だし。
あっ、昼から<日本酒>も頼んでいいんだ。
ラッキー。

振る舞い酒(獺祭)&アテ
とは言え、満席状態で、
厨房の大将たちも忙しそうですので、
呑むのは後回しにして、
おとなしく、席でうどん待ちをしていると‥、
隣席のお客さんが、
指をさして教えてくれました。
「あそこに、お店からの振る舞い酒がありますよ。」

席から見えない場所だったので、
気付かなかったのですが、
カウンター席の隅に、
日本酒と簡単なアテが用意されていて、
セルフで取っていいそうです。
わーい。

日本酒は、獺祭50、
アテは、イカ人参&お揚げ入りの紅白なます、
ありがたく頂きます。
明るいうちから呑む酒の旨いことよ。

とり玉天ぶっかけうどん(新年バージョン)
うどんも来ましたー。
普通の「とり玉天ぶっかけ」では無く、
鶏肉と半熟玉子の天ぷら以外にも、
芋天、梅干し、椎茸、竹の子、松竹梅のかまぼこが入った、
なんともゴージャスな新年仕様。
主役のうどんも、茹でたての〆たてで、
一気に啜ると、のど越しがもう最高だ。
ずずずずずーっとね。

とり玉天ぶっかけうどん(新年バージョン)アップ
しかし、このかまぼこや竹の子や梅干しを、
ただ、うどんのおかずとして、
食べてしまっていいものか‥?
それは、正月から、
あまりにもったいないのではないか、
という疑問から、
ここは、やはり、
酒による援護が必要であるという結論に
達したわけで‥。

燗酒 大七きもと
客席も落ち着いてきていたので、
大七生酛の<ぬる燗>をオーダー。
うん、これだ。
うどんのダシが染み込んで、
揚げ出し状態のとり天がまた、
いいアテになるんです。
旨いなー。


昼間から、美味しいうどん、
美味しい酒、美味しいアテを満喫して、
いい正月になりました。
御馳走さまー。




『爽月 (そうげつ)』
  住所:大阪市住之江区粉浜2-11-3
  営業時間:11:30~15:00(LO14:30)、17:30~21:00(LO20:30)
  定休日:木曜日
  アクセス:南海本線「粉浜」駅から徒歩1分
       大阪地下鉄「玉出」駅から徒歩10分
  ホームページ:http://www6.ocn.ne.jp/~udon83/

※.明日からの営業予定
  1月4日、11時半~夕方まで(麵切れ終了の場合あり)
  1月5日、定休日。
  1月6日から、通常営業。


大阪のうどん | コメント(0) | トラックバック(0)
悠々
阪急京都線「塚口」駅からすぐの
『うどん工房 悠々』さんです。
今回のお目当ては、
地元メーカーの<ひろたのぽんず>と
コラボした焼きうどん。

めいどいん尼崎ラリー
8月に始まった、こちらの企画も終盤に入り、
このタイミングで、バトンが
『悠々』さんに回って来ました。

食前酢
一応、ランチタイムのど真ん中は避けて、
14時ぐらいにお邪魔しました。
さすがにカウンター席は空いています。
着席すると、
まずは、水と食前酢が登場。
飲んでみると、
これはパイナップルかな?

蛤とあさりのもっちり焼うどん
オープンキッチンなので、
うどんが届くまでは、
ぼーっと調理の様子を眺めています。
10分ほど待って、お目当ての
「蛤とあさりのもっちり焼うどん〜ひろたのぽん酢で悠々style〜」が
堂々の登場。
ハマグリ、アサリもたっぷり入って、
これは旨そうだー。

蛤とあさりのもっちり焼うどんアップ
茹でたてのうどんは、
熱々でモっチモチの食感。
そこにからむソースは、
濃厚な貝の旨味と、
バターのコク。
そして、味をピリっと締める
黒胡椒の刺激が、
もう、たまりません。
熱いのを我慢して(猫舌なので)、
ずずずずーっと、ね。

これはもう、焼きうどんというより、
ボンゴレのパスタです。
ボリュームのある麺に合わせて、
ソースもかなり濃厚な味わいですが、
後口に、ふわっと
柑橘の爽やかな香りがたって、
食後感は、意外と軽やか。
<ひろたのぽんず>がいい仕事をしています。

焼きうどんの蛤
おっと、こちらも忘れてはいけません。
軽く火が入ったハマグリは、
身がふっくら、もちろん旨い。
しかし、これは、
なにか呑みたくなる。
ビールよりも‥。

日本酒(笑四季)
たまらずに、日本酒を召喚。
銘柄は随時入れ替え制だそうですが、
グラスになみなみで、
500円はお値打ちです。
滋賀の<笑四季>、
初めて呑みましたが、美味しいなー。

焼うどんを食べた後に残る貝殻
うどんはもとより、
アサリ、ハマグリもしっかり頂いて、
ご馳走様でしたー。

しかし、皿にはまだ、
美味しいタレが。
むむむ‥。

おにぎり
そこで、
セットのおにぎりの出番です。

焼うどんのタレにおにぎり投入
ちょっと行儀が悪いのですが、
皿に投下して、端から崩しながら、
タレをからめて食べると
これまた、旨い。

子どもがやると、
母親に叱られる奴です。
大人で良かった‥。


こちらのメニューは、
10月16日(日)までの期間限定ですので、
食べたい方はお早めに。


『うどん工房 悠々』
  住所:兵庫県尼崎市南塚口町2-1-2 塚口さんさんタウン2番館1F
  営業時間:(火~土)11:00~15:00(LO)、17:00~21:00(LO)
         (日)11:00~20:00(LO)
  定休日:月曜日
  アクセス:阪急「塚口」駅から徒歩1分

兵庫のうどん | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。